があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

e24ccae4.jpg


FAB4(ファブフォー=ビートルズ)の最初の奥方との2ショットが集まっていたので載せてみました。
あ、ポールは婚約者のジェーン・アッシャーさんとです。
ジョンはシンシアさんと。ジュリアン・レノンのお母さん。
リンゴはモーリンさんと。ザック・スターキーのお母さん。
ジョージはパティさんと。後にエリック・クラプトンが「レイラ」と歌ったその人ですね。


続きを読む

c157653c.jpg


 映画「バングラデシュのコンサート」の日本での公開が9月中旬に決まったと言う記事。(左)

オンデンは前売り券買いに走りましたよ。(右)


ラビ・シャンカールさんの演奏が長くてねぇ。最近娘さん(ノラジョーンズ)のおかげでDVDではちゃんと聴きました。

オンデンは何と言っても
銀髪のレオン・ラッセルに萌え~!
それからというものピアノを弾く時は(と、いってもLet It Beのイントロだけ)必ずコーラの缶をピアノの上に置いたものです。ベースギターをやり始めたのも彼の影響大です。
その頃から通称
マディソン・バッグといって〈Madison Square Garden Sportsman Club Boxing Wrestling Football…〉てなことが印刷されてるビニール製のバッグが流行りだした。
オンデンも使ってましたよ。

下のほうにマジック・ペンで
“The Concert For BANGLADESH”って小さく書いてね。




ジョージ・ハリスン&フレンズ/コンサート・フォー・バングラデシュ(DVD) ◆20%OFF!

続きを読む

31ba57ca.jpg


今朝早く
PCをつけて何気に昨日のブログのチェックしたらどうやら

キリ番踏んだみたいで。


黙っていようかとも思ったのですが、ちょうど手元に面白そうなEPのジャケットがあったので載せておきます。こんな感じでよろしいでしょうか?


続きを読む

be686ee8.jpg


1970年の中学生。学力不足を愛の力で補おうとする。
謎の円盤UFOの原作本と翻訳本です。
これが
英語の教科書だったらテストは百点満点だったろうな。
あ、でも原作というのとは
ちょっと違うかな
テレビドラマのUFOをもとに書き下ろしたものらしい。
つまり
ドラマが先でそれを小説化したということです。
それに
翻訳と直訳も違うわけだし。
どちらも絶版かな?

セットでオークションに出したらいくら

買ってもらえるだろうか?


ccc42c5c.jpg


先日の日記に書いたエルトン・ジョン(左)とマーク・ボラン(中央)です。

右のヒゲ面のおじさんは元ビートルズのリンゴ・スターです。彼が監督した映画のプレミアに現われたところだそうです。

今でこそカミング・アウトしたエルトンですがこの頃はまだ

「公然の秘密」といったところでした。

ためしにリンゴを隠して2ショットにしてみてください。

やっぱりキケンが危ないよね。

知ってか知らずか割り込んだリンゴ。ビートルズ時代からこの人はこれで結構気ィ使い屋なんだよね。



【Aポイント付】Tレックス T. Rex / Slider [Deluxe Edition](CD)


a7a83b90.jpg


7月号は、T-REXのマーク・ボラン。8月号はEL&P

マーク・ボランってもっとハデハデの印象があるのでは?
       これって
ほとんど素顔だよね。

         でもきれい

BLの世界なんてオンデンは知らなかったけど美しいものは美しい。今度機会があったら薄化粧のボランとサー・エルトン・ジョンとの写真載せるわね。(なぜかおネエ言葉)

8月号のエマーソン、レイク&パーマーは7月に来日した時のものだと思うのだけど、カメラ・アングルめちゃ悪すぎ!


で、特集記事が「ストーンズとは何者だろう?」って、

          あんたこそなにものよ!?


気になる人はまた読みに来てね。

4859b603.jpg


1970年の中学生。演劇部だった。

   でもマイク借りるとか何とか言って放送部にも出入りして

    クラシックだけといわれてたのになどかけた。


  当然、放送禁止!


でもね演劇部の生徒がやったことですから放送部の子はおとがめなし。
先生たち以外は楽しいお昼の放送時間でした。


1970年の中学生。
音楽はラジオかレコードで聞くものと決まっていた。


映画にも音楽は付いてたけどサントラ(サウンド・トラック)といって、ストーリーを盛り上げるための「脇役」的なものだった。

でも、オンデンがジャック・ワイルドと運命の出会い(?)をした
   映画「小さな恋のメロディ」のサントラは素晴らしかった。


ダニー(マーク・レスター)とメロディ(トレーシー・ハイド)がデートするときの場面で流れる

   ビージーズの「若葉のころ(First of May)」

そのままヴィデオ・クリップにしてもMTV大賞ものですよ。
            映像も音楽も美しすぎ。



あと、個人的に好きだったのは

クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(CSN&Y)の

       「Teach Your Children」


最後のヤングというのはあの恐いおじさんの

      ニール・ヤングですよ~!!

 

小さな恋のメロディ(DVD) ◆20%OFF!
続きを読む

1970年の中学生。愛読書はミュージックライフ


1972年7月号から11月号まで

ビートルズ結成10年記念グラフ集

が組まれた。


オンデンのように後追いでファンになったものとしてこんなうれしいことは無い。

全ページモノクロだったけど今でも大切にとってある。
0e458652.jpg


機会を見て今となってはこの

タイムカプセルのような雑誌

の内容を紹介して行こうと思う。

おたのしみに!



1970年の中学生。だから、「ラムちゃん」でも「うる星やつら」じゃないの。タイトルにつられて来た人、ごめんだっちゃ。

さて、ビートルズにやや遅れてのめり込んだオンデンですが、流行(はやり)の音楽も聴いてなっかたわけではありません。

        カッコイイ「ラッパの音」

   がラジオから流れてきたのを聞き逃しはしません。

        ブラス・ロックです。

当時は「シカゴ」と「チェイス」

その双璧をなしていた、とオンデンは勝手に思っています。

それぞれ「クエスチョンズ67&68」「黒い炎(Get ItOn)」

が好きな曲でした。

「チェイスの黒い炎」については長くなるのでまたの機会にします。

で、
ラムちゃんです。
あの頃、ラムといえば男子も女子も

     シカゴのロバート・ラムでした。
彼の顔写真を切り取って生徒手帳の自分の写真の上に貼った猛者もいました。
MTVやビデオ・クリップなどない時代です。ラムちゃんにとっては良い時代だったかも。(失礼!)


その後、男子はアグネス・ラムに鞍替えしましたね!
ab4f308e.jpg


続きを読む

このページのトップヘ