があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

先月の神奈川県民ホールに続いて有楽町の東京国際フォーラムへ行ってきました。
この会場は自宅から行きやすいのでうれしいです。
2016_11_04 (1)
前回の県民ホールの時もそう思ったのですが、平日金曜日で18:30スタートではフルタイムで働いている方は厳しいんじゃないかな?

つのだひろさんからお花が届いていました。
もちろんご本人も会場に。後ろ姿でも「髪型」でわかりました(こら)
2016_11_04 (2)

5分ほど押して客電落ち。
セトリは前回と同じですが、MCが少し長めで終了時間も10分くらい遅かったです。

恒例となった財津さんからメンバーへのアンケート。
今日は「東京タワーかスカイツリーか?」でした。
宮城さんは東京タワー。あんまり高いところは苦手とのこと。
上田さんは出来上がるのを時々見ていたそうでスカイツリー。
姫野さんはいつも通り扇風機(苦笑)

前回、オペラグラスを忘れて確認できなかったのですが、今日はしっかりと持参。宮城さんのギターはやはりレスポールだとわかりました。
ソロ活動の時に使っているのと同じものかな。

4月にNHKホールでの追加公演が財津さんの口からも告知されました
「来てくれるかな?!」
「いいとも!」

NHKホールではもしかしたら録画撮影があるかなぁ?
SONGSさんからのお花もあったし。
厚化粧して臨まなければ!(笑)

「皆さんに歌っていただく事が今回のコンサートの一番の目標」と財津さんは言っているので
のど飴持参で歌ってきました


明日もあるので早めに休むことにします

(追伸)
会場へ入る直前と終わって帰る時に駅前の大型電気店でトイレをお借りしました。
何も買わないですみません。ありがとうございました


2016.11.07.更新


























【映画】
リスボンに誘われて
サザエさんの脱線奥様
マイレージ・マイライフ
ショート・サーキット
あん(レンタルDVD)
天空の蜂(レンタルDVD)
リップヴァンウィンクルの花嫁(レンタルDVD)
殿、利息でござる(レンタルDVD)
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
TAXi
リトルイタリーの恋
ミッションインポッシブル
華麗なるギャッツビー(2013)
イングリッシュ・ペイシェント
僕らはみんな生きている※

【ドラマ】
X-ファイル(シーズン3)
ナイトライダー・吹き替え版(シーズン3)
大草原の小さな家(シーズン3)
大草原の小さな家(シーズン4)
ローハイド・吹き替え版(シーズン1)

【アニメ・特撮】
キャプテン・フューチャー(第一話~第八話)
ウルトラセブン
ウルトラQ


※楽天SHOWTIMEからDL視聴

昨日、10月21日(金)神奈川県民ホールで行われたチューリップの45周年ツアーに参戦して来ました。
2016_10_21 (1)
バス一本で会場まで行ける(^^♪
地元の良いところです。・・が、一時間に2本という田舎のバスなのであった(爆)

チケットは一般発売よりちょっと早めの先行発売で、抽選に応募して当選したのですが、席は一階席の後ろから2番目で一番隅っこでした(涙)
昔からくじ運悪いからなぁ・・(TДT)

聞くところによると2階席や3階席は空席が目立っていたとか。
私の席のすぐ前とお隣りの席も空いていたっけ。
どーなっているんでしょ?
やっぱり土日じゃないと駄目なのかな。

2016_10_21 (3)
チューリップの花が美しいポスター。でもシルエットは四人。寂しいです。

開演時間の18:30を3分ほど過ぎたときに客電落ち。
ファーストアルバムからの曲が続きます。
19:30に第一部終了。15分の休憩時間。
第二部の2曲目が終わると安部さん愛用の赤いギターがライトに浮かび上がります。
安部さん作詞作曲でボーカルも務めたあの曲をメンバーが交代で歌う中、安部さんの写真やイメージフォトがスクリーンに映し出されました。
とても素敵な追悼の時間でした。
安部さんの訃報を聞いた時はもうチューリップにはもう会えないと思っていたけどこうして寂しいけどうれしい、楽しいけどちょっぴり悲しいライブに参加出来てよかった。

今回は「レコードの音を忠実に再現する」というコンセプトがあるそうで、4人では表現できない弦や管の音を出すためにもサポートメンバーに入ってもらったようです。
ドラムスもツインでした。パワーと厚みのあるサウンドがドゥービー・ブラザーズみたいでかっこよかった♪

ライブ終了は21:00を回っていました。
21:05のバスには間に合わずに30分以上次のバスを待って帰ってきました(疲)


今日のセトリは初日から変わっていないようなので書くこともないかなと思いましたが、自分のためのメモに続きに出してあります。
これから参戦するという方は気をつけてください。
今回も全曲全力で歌ってきました←迷惑です


来年またここ県民ホールでのライブが決定しています。
私はもちろん先行発売の抽選に応募してあります。
今度はもう少し良い席でありますように!
2016_10_21 (2)

次回は東京フォーラム。二日連続じゃぁ!
今度はちゃんと食べていこう。
今回は帰ってきたら1.5キロダイエットしていました(^_^;



続きを読む

9日(日)の夕方、突き指した時のように急に左親指が腫れて紫色に!(°д°;;)
痛めた覚えはないのだけれどとにかく冷やして湿布したのだが結構痛い。
手首とか腕の上の方もちょっとだるい。何で明日はお医者が休みなんだろう!?←祝日だからね
変な病気だったらイヤだけどこんなことで救急車は呼べないし・・。

そして10日も一日中、暇があったら親指を氷にくっつけていました。
夜は湿布薬をぐるぐる巻きにして休みました。
徐々に痛みは引いたものの内出血と腫れは続いています。
今日11日の朝、母を診ていただいている治療院で私も診てもらうことにしました。
ところが朝はまだ少し残っていた内出血が午後になると大体消えたのです。

突き指ではないこともわかり一安心。
この二日間の痛みと悩ましさも消えました。

後で調べてみると、ストレス等で毛細血管が弱っているとちょっとした刺激で切れて内出血を起こすらしいです。
今考えるとあの時、ちょっと前にサラダが入っている容器のふたを母が開けられずにいて、そんなこともできないのかとイライラに任せて思いっきり力を入れて開けてあげたことがありました。
思い当たるとすればそれくらいです。

できるといっていることができません。本当に世話が焼けます。
その上、指が痛いと言ったら棘が刺さったのでは?と、とんちんかんな答えが返ってきて余計にストレスがかかりました。

去年の12月に続いて4日の夜中にまた母がベッドから落ちて左脇腹、両腕、右足首を痛めました。
幸い骨折はなかったものの、朝シャン(シャワー)した後、朝一番で毎日包帯を変えるためにお医者へ通うことになりました。
一日のルーティンが急に変わって今だに慣れません。

実は今月に入ってすぐに「お弁当のほうが美味しい」発言を受けて、それからというもの毎日毎食ご飯は作らないで買って来るか食べに行くことにしたのです。

ところが何日もたたないうちにこの怪我。
医療費がかかったり歩くことができなかったりするのでここは一時休戦していつものように安上がりな食事の支度をしなくてはならなくなりました。

でも急に一日のタイムスケジュールが変わったためか何をしてもすぐに疲れます。
やっぱりお弁当に戻そうかな。さすがに外食はできませんが。

今月~来月とチューリップのライブへ行くことだけを楽しみに頑張ります。

あ、それから来年1月にももう一回地元に来てくれるようです。チケットが取れたら行きます!
待ってろよ~

楽天SHOWTIME(ショウタイム)というところで見たかった「冒険ガボテン島」が有料配信されていたので全話パックを購入してみました。
30日間見放題で、いろいろ割引クーポンなどを使って1296円でした。
安くはないけどまぁ、こんなものでしょうか?

9月1日に購入して1日2話くらいのペースで見ました。(10月1日に視聴期間終了)
回線かPCそのものの調子が悪いのか時々音声(画面)がとぎれとぎれになることがあって鬱陶しかったです。
ページを更新をすると直るということでしたがうまくいかなかったです。


冒険ガボテン島【TBSオンデマンド】
第1話 恐怖の第一夜
ガボテンー1
夜の遊園地で竜太とトマトは潜水艦のアトラクションに忍び込む。すると、イガオ、キューリ、カボと遭遇。

第2話 怪しい光
潜水艦は無人島へ辿り着く。助けが来ないので、竜太たちはこの島で生活しなければならない。

第3話 家をつくろう
島には危険が多いので、竜太たちは身を守るためにみんなで暮らす小屋を作ることにする。

第4話 ゆらめく炎
生きていくためには水を確保する必要があった。5人が井戸を掘り始めると、竜太が流されてしまう。

第5話 謎がいっぱい
嵐の中でも食べ物は確保しなければいけない。イガオを除く4人は力を合わせ、食べ物探しを頑張る。

第6話 食うか食われるか
島での生活は少しずつ安定してきたが、日本へ帰れる兆しは全くない。

第7話 飢えた一日
霧が深い日は食べ物を確保するのも一苦労だ。トマトたちは可愛いコアラに対しても食欲を感じてしまう。

第8話 ほら穴の殺人犯
船の中では殺されたと思われる人間の死体も発見。殺人犯がまだ島のどこかにいるかもしれないと…。

第9話 怪獣騒動
いつも仲良くしている竜太とトマトが珍しく大ゲンカ。本当は寂しいのに、意地を張って強がる竜太。

第10話 トマトを救え!
キューリが栄養失調に陥り、竜太たちは栄養のある食べ物を与えたいと考える。

第11話 熱病との戦い
カボがナゾの病気で倒れてしまう。伝染病だとしたら全員に危険が及ぶ可能性もあるが…。

第12話 炎でやっつけろ
思い出のペンダントの行方が気になったトマトは、潜水艦の中かもしれないと考える。

第13話 悲しき漂流者
島に流されてきた犬は、トマトたちの手当てで歩けるようになる。だが、犬は狂犬病に侵されていた。

第14話 ゆくぞ!ガボテン
島での暮らしは、まだ続きそう。島をよく知ることが生きていくための必須条件と考え…。

第15話 ガボテン航海記
新しくエレベーターを手作りしたりと、一同の工夫は続く。さらに便利さを求めて…。

第16話 ガボテン大学がはじまった
夏になり食料調達が困難になる。今後は、全員の知識を共有することも必要になる。

第17話 血とさばく
「ガボテン大学」を開校したばかりなのに、竜太は修学旅行を提案。島にある砂漠を横断したいという。

第18話 恐怖のガボテン島
トマトが家出をきっかけに島を探検する。しかし、島に異変が起き始めていたことに、トマトは…。

第19話 ガボテン新幹線
キューリは便利な移動方法を考え始める。そして、海まで続くレールを敷き、その上に手作りの列車を…。

第20話 ウナギ作戦でゆけ!
なんとか列車を走らせることに成功した一同は、列車を活用して行動範囲を広げることに。

第21話 雪のガボテン島
突然の寒波がガボテン島を襲った。イガオはスキーをしようと提案。だが、この寒波の裏には…。

第22話 ボスをやっつけろ
イガオが戦闘機の残骸から自動小銃を見つける。無敵の武器を入手したイガオは…。

第23話 竜太とイガオが手をとった!
島にある2つの岬を空中ケーブルでつなぐ新たな計画を開始。いつものように反発していた竜太と…。

第24話 さばくの怪物
広大な砂漠への対策として船を造ることにした。竜太たちは早速、完成した船で…。

第25話 こんにちは!ボケくん
島に不気味な声が響き渡る。みんなで身構えるが、声の主はどこか可愛らしい恐竜・ボケだった。

第26話 僕のおよめさん
イガオがトマトへ愛を伝える歌を作り始めた。イガオだけでなく、キューリやカボの様子もおかしい。

第27話 恐怖の海底
大切な食糧である魚が、最近になって獲れなくなっていた。そこで対策として…。

第28話 ダガーラ族の襲撃
謎の部族がガボテン島に乗り込み、竜太たちを襲撃した。竜太は崖から転落し…。

第29話 ダガーラ族攻撃大作戦
キューリ、カボ、ゴリが殺虫花に襲われた。そのせいで、ゴリは病にかかる。

第30話 悪魔を呼ぶ花
激しい雷雨の中、不気味な花を発見。見た目の不気味さとは裏腹の良い香りに引かれて…。

第31話 新しい島の発見
オショウが竜太に、ガボテン島の近くにある「もうひとつの島」の存在を話し始めた。

第32話 ぼくらジャイアンツ
一同は島にある未踏の地に行こうとするが、オショウに止められる。しかし、イガオとキューリは…。

第33話 空へ海へ大激戦
みんなが耕した畑が何者かにより荒らされる。犯人は空を飛ぶ動物だと分かり…。

第34話 地下宮殿の秘密
島で発生した地震の影響によってできた洞窟の中に入ってみると、そこには宮殿が。

第35話 三本指の恐怖
謎の「三本指の手」がキューリの足をつかんだ。その後、一同は次々と不思議な現象を…。

第36話 悲しき星空
竜太たちはリトルランドの王様と再会する。しかし王様の表情は深刻で、死にひんしている姫君と…。

第37話 ダイヤ谷だ
島には“タランチュラに刺されると、踊り続けたまま死を迎える”という言い伝えがあった。

第38話 火をふくガボテン島
島の動物たちが怯え始めたことで、キューリは胸騒ぎを覚えていた。

第39話 さようならガボテン島
ガボテンー39
島にヘリコプターが着陸。島に目をつけた某国が水爆の実験地として使おうとしていたのだ。



ウィキペディアを補足しておくと
「竜太」と妹の「トマト」が、夜、遊園地の潜水艇に忍び込んだのは昼間混んでいて乗れなかったから。
竜太はちゃんと二人分のチケットを持っていた。
「イガオ」が遊園地の経営者の息子と知ると竜太は親父さんは「ケチでトンチキ」だと言ってイガオを怒らせる。
どうやら社長さんに混んでいるからといわれて乗せてもらえなかったらしい。
 また、最終回で使われそうになった水爆は「ウルトラ水爆」
ヤシの木の上に作った家を火炎放射器で焼かれるなど竜太たちが窮地に陥った時、ガボテン島の火山「ガボレスト」が大噴火!
軍隊の隊長が地震でできた地割れに落ちたところを竜太に助けられて改心。
実験をやめてみんなを日本へ帰すことになる。
しかし、仲良くなった島の動物たちは島に置いていくことになり涙の別れをする。
 オウムのオショーの口癖(?)が「ガボテン」だった。そのうち仲間同士の合い言葉にもなった。


























【映画】
クライマーズ・ハイ
マフィアは夏にしか殺らない(GyaO)
母べえ
ラビリンス/魔王の迷宮
エンド・オブ・ザ・ワールド
サザエさんの新婚家庭(スイートホーム)

ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK(ロードショー)


【ドラマ】
X-ファイル(シーズン3)
ナイトライダー(シーズン3)
大草原の小さな家(シーズン3)

下町ロケット(wowow版)※


【アニメ・特撮】
サンダーバード・アー・ゴー
ウルトラセブン 第8話「狙われた街」
帰ってきたウルトラマン 第33話「怪獣使いと少年」
ウルトラセブン 第49話 史上最大の侵略(後編)

冒険ガボテン島(全39話)※


※=楽天SHOWTIMEからDL視聴


今日はレディースデーだったのでずいぶん前から見たいと思っていたビートルズの映画を見てきました♪
8daysaweek (3)

いつものようにPCから席を確保しましたがキカイで扱うため今回もやはりレシートのような味気のない入場券です。
一部の方からせっかくスクリーン2だし、なんでG列2番にしなかったのか?といわれちゃうかもしれませんが、2番は一番端っこだったんですよ。
ここがちょうど真ん中の真ん中でした。
28

2番~~♪
8daysaweek (1)

8daysaweek (2)

平日の昼間でしたが、前の方の席を残してほぼ満員。
お隣りの席にはやはりお一人様参加の女性がいらして(私よりちょっと若い方)始まるまで少しお話ししました。
彼女は最近ファンになったとか。
「私は中学生の時にレット・イット・ビーを聞いてファンになったら『解散です』といわれてがっかりしました」
なんてこのブログでは有名な話などをしてきました。

映画の方は言われていた通り映像も音も50年以上前のものとは思えないクリアなもので、今まで見たり聞いたりして来たビートルズでしたがまた新鮮な気持ちで見ることができました。
自分にとっては「総集編」という感じでしょうか。時系列でまとめられていたので自分の頭の中に詰まっていたビートルズがきちんと整理で気てすっきりしました。

でも、映画「ヘルプ」の撮影中はずっとラリッていたなんてちょっとショックでした。
アイドルはつらいよ・・ということかな。
あと、最後のライブということでルーフトップギグが出てきましたが、もう面倒だからレット・イット・ビーの映画も全部4Kで円盤にしてくださいよ。私が生きているうちにさ。

そうそう、予告編の時からチェックしていたステージの床に散らばる「ジョージのゼリービーンズ」も大画面でしっかり確認してきました~

あと映画の本編が終わった後、4Kで甦ったシェイスタジアムでのライブが30分ほどおまけ(?)で上映されました。
そしてそこではジョンのギター(リッケンバッカー)にレノン・ミュージアムで見たのと同じようにちゃんとセットリストが書かれているであろうカンペが貼ってあるのがくっきりと見えました。

あー、本当だったんだなぁ・・と、ここでも歴史的事実を映像で確認することができました。


終了後、プログラムも欲しかったですが、アウトオブマイ予算(?)なので皆さんがお買い上げしているのを横目で見ながら帰ってきました。

このページのトップヘ