があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

2007年10月

昔からダイヤモンドきらきらで持っているものといえば、レコード針だけです雫
そろそろ針がやばいのですがしょんぼり
スマイル楽天市場でこんなものを見つけました目
とうとう家からダイヤは消えるかもしれませんショック

レコードを直接PCに取り込めるフォノイコ内蔵売上NO1【代引/送料無料】USBポート内蔵レコードプレーヤー

【送料・代引手数料無料】MP3エンコーダー内蔵 CD・レコードプレーヤー M-PRESA TRD-98

【これでアナログ盤をデジタル化!(・∀・)】「オールインワンデジタルJUKEBOX TCU-311D」USBメモリ対応アナログレコード&CDプレーヤー

このターンテーブルに乗っているアップルレーベルのレコード、何でしょうね?赤盤ですよ。ちなみにB面ですね大笑い



続きを読む

ディスコフリーク

いま、テレビコマーシャルで話題になっていますね。

ソニー、ユニバーサル、BMG、ワーナー、ビクターの国内5大レー ベルが夢のコラボレーション♪

ディスコフリーク/Disc.1 SME盤(17曲)
1 Boogie Wonderland Earth, Wind & Fire / ブギー・ワンダーランド アース・ウインド&ファイアー
2 Best Of My Love The Emotions / ベスト・オブ・マイ・ラヴ エモーションズ
3 Back Stabbers The O'Jays / 裏切り者のテーマ オージェイズ
4 Got To Be Real Cheryl Lynn / ガット・トゥ・ビー・リアル シェリル・リン
5 Lady Marmalade Labelle / レディ・マーマレード ラベル
6 Dance To The Music Sly & The FamilyStone / ダンス・トゥ・ザ・ミュージック スライ&ザ・ファミリー・ストーン
7 Sexy Music The Nolans / セクシー・ミュージック ノーランズ
8 She's A Super Lady Luther Vandross / スーパー・レディ ルーサー・ヴァンドロス
9 I've Got The Next Dance Deniece Williams / ネクスト・ダンス デニース・ウイリアムス
10 Who Can It Be Now? Men At Work / ノックは夜中に メン・アット・ワーク
11 Dirty Ol' Man The Three Degrees / 荒野のならず者 スリー・ディグリーズ
12 Lovely One The Jacksons / ラヴリー・ワン ジャクソンズ
13 Wanted The Dooleys / ウォンテッド ザ・ドゥーリーズ
14 You Spin Me Round(Like A Record) Dead Or Alive / ユー・スピン・ミー・ラウンド デッド・オア・アライヴ
15 Shine On George Duke / シャイン・オン ジョージ・デューク
16 Let's Groove Earth, Wind &Fire / レッツ・グルーヴ アース・ウインド&ファイアー
17 Chameleon Herbie Hancock / カメレオン ハービー・ハンコック

ディスコフリーク/Disc.2 BMG+Universal盤(16曲)
1 Private Eyes Daryl Hall & John Oates / プライベート・アイズ ダリル・ホール&ジョン・オーツ
2 Yes Sir, I Can Boogie Baccara / 誘惑のブギー バカラ
3 I Like Chopin Gazebo / アイ・ライク・ショパン ガゼボ
4 Love Machine(Part1) The Mirracles / ラヴ・マシーン ミラクルズ
5 Turn The Beat Around Vicki Sue Robinson / 妖精のメロディー ヴィッキー・スー・ロビンソン
6 He's So Shy The Pointer Sisters / 内気なボーイ ポインター・シスターズ
7 Jungle Boogie Kool & The Gang / ジャングル・ブギー クール & ザ・ギャング
8 Rockin' Soul The Hues Corporation / ロッキン・ソウル ヒューズ・コーポレーション
9 Never Gonna Give You Up Rick Astley / ギヴ・ユー・アップ リック・アストリー
10 Hot Stuff Donna Summer / ホット・スタッフ ドナ・サマー
11 Going Back To My Roots Odyssey / ゴーイング・バック・トゥ・マイ・ルーツ オデッセイ
12 Funkin' For Jamaica Tom Browne / ファンキン・フォー・ジャマイカ トム・ブラウン
13 Sex Machine James Brown / セックス・マシーン ジェイムス・ブラウン
14 Jump To It Aretha Franklin / ジャンプ・トゥ・イット アレサ・フランクリン
15 Disco Nights (Rock Freak) G.Q. / ディスコ・ナイト GQ
16 Video Killed The Radio Star Buggles / ラジオスターの悲劇 バグルズ

ディスコフリーク/Disc.3 Victor盤(17曲)
1 Hello Mr. Monkey Arabesque / ハロー・ミスター・モンキー アラベスク
2 Fly Robin Fly Silver Convention / フライ・ロビン・フライ シルバー・コンベンション
3 Can't Give YouAnything(But My Love) The Stylistics / 愛がすべて スタイリスティックス
4 Dschinghis Khan Genghis Khan / ジンギスカン ジンギスカン
5 Can't Help Falling InLove The Softones / 好きにならずにいられない ソフトーンズ
6 The Hustle Van McCoy / ハッスル ヴァン・マッコイ
7 Venus Shocking Blue / ヴィーナス ショッキング・ブルー
8 Sexy Bus Stop Dr. Dragon & The OrientalExpress? / セクシー・バス・ストップ Drドラゴン&オリエンタル・エクスプレス
9 Fly High LittleButterfly Arabesque / フライ・ハイ アラベスク
10 Don't Let Me Be Misunderstood ~Esmeralda Suite Santa Esmeralda / 悲しき願い サンタ・エスメラルダ
11 Cha Cha Cha Finzy Kontini / チャ・チャ・チャ フィンツィ・コンティーニ
12 Can't Take My EyesOff You Boys Town Gang / 君の瞳に恋してる ボーイズ・タウン・ギャング
13 Sky High Jigsaw / スカイ・ハイ ジグソー
14 Doctor's Orders Carol Douglas / 恋の診断書 キャロル・ダグラス
15 Rock Your Baby George McCrae / ロック・ユア・ベイビー ジョージ・マクレー
16 Pick Up The Pieces Average White Band / ピック・アップ・ザ・ピーセス アヴェレイジ・ホワイト・バンド
17 You Are Everything The Stylistics / ユー・アー・エブリシング スタイリスティックス

ディスコフリーク/Disc.4 SME盤(16曲)
1 It's Raining Men The Weather Girls / ハレルヤ・ハリケーン ウェザー・ガールズ
2 This Place Hotel The Jacksons / ハートブレイク・ホテル ジャクソンズ
3 Love Train The O'Jays / ラヴ・トレイン オージェイズ
4 Thank You (FalettinmeBe Mice Elf Agin) Sly & The FamilyStone / サンキュー スライ&ザ・ファミリー・ストーン
5 When Will I See YouAgain The Three Degrees / 天使のささやき スリー・ディグリーズ
6 Soul Draculak Hot Blood / ソウル・ドラキュラ ホット・ブラッド
7 Disco Lady Johnnie Taylor / ディスコ・レディ ジョニー・テイラー
8 Instant Replay Dan Hartman / インスタント・リプレイ ダン・ハートマン
9 September Earth, Wind & Fire / セプテンバー アース・ウインド&ファイアー
10 Shake It Up Tonight Cheryl Lynn / シェイク・イット・アップ・トゥナイト シェリル・リン
11 T.S.O.P. (The Sound Of Philadelphia)(Theme from the Television Show "SoulTrain") MFSB / ソウル・トレインのテーマ MFSB
12 Smile The Emotions / スマイル エモーションズ
13 Down Under Men At Work / ダウン・アンダー メン・アット・ワーク
14 The Groove Line(Extended) Heatwave / グルーヴ・ライン ヒートウェイヴ
15 Play That Funky Music Wild Cherry / プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック ワイルド・チェリー
16 Let's Hear It For TheBoy ?Deniece Williams / レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ デニース・ウイリアムス

ディスコフリーク/Disc.5 BMG+Warner盤(16曲)
1 Together Forever Rick Astley / トゥゲザー・フォーエヴァー リック・アストリー
2 He's The GreatestDancer Sister Sledge / ヒーズ・ザ・グレイテスト・ダンサー シスター・スレッジ
3 Rock The Boat The Hues Corporation / 愛の航海 ヒューズ・コーポレーション
4 Living In America James Brown / リヴィング・イン・アメリカ ジェイムス・ブラウン
5 Native New Yorker Odyssey / ネイティヴ・ニューヨーカー オデッセイ
6 Tell It To My Heart Taylor Dayne / テル・イット・トゥ・マイ・ハート テイラー・デイン
7 I've Got To Use MyImagination Gladys Knight &The Pips / つきせぬ想い グラディス・ナイト&ザ・ピップス
8 Something About You Angela Bofill / サムシング・アバウト・ユー(サムシングあなた) アンジェラ・ボフィル☆
9 Le Freak Chic / おしゃれフリーク シック
10 It's Time To PartyNow Ray Parker Jr. &Raydio / パーティ・ナウ レイ・パーカーJr. & レイディオ
11 Risin' To The Top Keni Burke / ライジン・トゥ・ザ・トップ ケニ・バーク
12 Land Of 1000 Dancces Wilson Pickett / ダンス天国 ウィルソン・ピケット
13 Two Of Hearts Stacey Q / トゥー・オブ・ハーツ ステーシーQ
14 Lean On Me Club Nouveau / リーン・オン・ミー クラブ・ヌーヴォー
15 Shame Evelyn"Champagne" King / シェイム イヴリン・キング
16 Maneater Daryl Hall & JohnOates / マンイーター ダリル・ホール&ジョン・オーツ
17 Self Control Laura Branigan / セルフ・コントロ-ル ローラ・ブラニガン

ディスコフリーク/Disc.6 SME盤(16曲)
1 I'm In The Mood For Dancing The Nolans / ダンシング・シスター ノーランズ
2 That Lady (Part 1& 2) The Isley Brothers / ソウル・レディ(パート1&2) アイズレー・ブラザーズ
3 The Love I Lost Harold Melvin &The Blue Notes / 愛の幻想 ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ
4 Boogie Nights Heatwave / ブギー・ナイツ ヒートウェイヴ
5 Girls Just Want ToHave Fun Cyndi Lauper / ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン シンディ・ローパー
6 Blame It On TheBoogie The Jacksons / 今夜はブギー・ナイト ジャクソンズ
7 Sexual Healing Marvin Gaye / セクシャル・ヒーリング マーヴィン・ゲイ
8 Turn Around And Count2 Ten Dead Or Alive< / アンド・カウント・2・テン デッド・オア・アライヴ
9 Fantasy Earth, Wind & Fire / 宇宙のファンタジー アース・ウインド&ファイアー
10 Shining Star Manhattans / 夢のシャイニング・スター マンハッタンズ
11 Holding Out For AHero Bonnie Tyler / ヒーロー ボニー・タイラー
12 Relight My Fire Dan Hartman / リライト・マイ・ファイアー ダン・ハートマン
13 I Need You Maurice White / アイ・ニード・ユー モーリス・ホワイト
14 Never Too Much Luther Vandross / ネヴァー・トゥー・マッチ ルーサー・ヴァンドロス
15 Getaway Earth, Wind &Fire / ゲッタウェイ アース・ウインド&ファイアー
16 Hold On Santana / ホールド・オン サンタナ

一家にひとつ。ドライヴのお供には欠かせませんね。お買い得だと思いますよ。

◆ディスコフリーク DISCOFREAK【即納】★送料無料!※沖縄県を除く



続きを読む

 突然、司令部のコンピューター機器を破壊するストレイカー司令官。驚きを隠せないフォスター大佐等に取り押さえられ、メディカルセンターに運ばれると徐々に落ち着きを取り戻しこれまでのことを話し始めた。
 月面基地、ムーンベースから帰還したレイク大佐をシャドー・カーで迎えに行った司令官はシャドー司令部へ帰る途中でUFOの攻撃を受けるが、なんとか切り抜け撮影所まで戻ってきた。ところが外は夜なのに、地下に司令部のある映画会社は昼間だったのだ。
愕然とする二人。それだけではない。人も物も全てが凍りついたように動かなくなっていたのだ。
 だが、一人だけ動いている男がいた。シャドーを裏切り宇宙人の手先となったターナーだった。彼を追いかけようとした司令官とレイク大佐だったが、自分たちもだんだん動けなくなってきているのに気づき、使用禁止となっている劇薬X-50を用いることにした。
 ターナーと対決しているうちに、この異様な事態は宇宙人が強力な電磁スクリーンを張り、時間の壁を破ったためだとわかってきた。
 時間を自由に操るターナーに翻弄されながらもストレイカー司令官は沈着・冷静な判断で彼を打ち負かすと、バズーカ砲でUFOを撃破し地球を守ったのだった。
37f0cb4d.jpg

9b906e1c.jpg
 85c88b16.jpg
 077d9e33.jpg

 

原題:Timelash
制作順:24
イギリスでの放映順:18


【つっこみ】
はーい、みなさんお待ちかねのタイムラッシュですよー
全26話の中で一番人気のお話です。
司令官、ステキです。レイク大佐、美しいです。男子は司令官、女子はレイク大佐になりきって感情移入しまくりで見たんじゃないかな?

自分たちも止まりそう(?)になってメディカルセンターに薬を打ちに向かう時、お手手つないでいきます。
いいなあ。ちょっとヤキモチ。

 2c4e2da9.jpg
f0d2f634.jpg
33937142.jpg


 一度はバズーカ砲をセットしながら、カギを取られてまたまたターナーと変なゴーカートで追いかけごっこする司令官。真剣なのになんかおかしいの。あぁ、早くしないとUFO、来ちゃうよー!
 ターナーが得意になってしゃべりすぎたのでそれがヒントになってやっつけられたのね。

で、UFOも打ち落としたのに司令部へ戻るとまだみんな止まったままだったから、目を覚まそうとして暴れたらしい。
 9bca0b7f.jpg
 853802ad.jpg
 111b9f9a.jpg


 この活動を10倍にする薬は寿命を縮めるらしい。
自分に2本目を打った司令官、レイク大佐には打つのを躊躇します。

「やはり、危険なんですね。」
「とっくに死ぬ覚悟は出来ている。」


いや~ん、司令官。死ぬ時は一緒ですわ。a



【追記】
レイク大佐を演じたワンダ・ヴェンサムさんはベネディクト・カンバーバッチさんの実母です。
『SHERLOCK』のシーズン3ではご両親でシャーロックとマイクロフトの両親を演じています。
続きを読む

0619fdcd.jpg


「ナンバーファイヴ、あったよね。」

 その日、密やかな逢瀬が終わると薄暗い明かりの中でオトコは少し前に自分の中からこぼれ出たものの処理をしながらオンナに言った。
「えぇ。B面の4曲目、な~んだ?」
「スローダウン。」
「相変わらず即答ね。カルトQに出ればよかったのに。」

オンナは、生まれたままの姿で『ビートルズNo.5』のLPを部屋の明かりもつけずに難なく取り出すと、ターンテーブルに置いた。

それをじっと見ていたオトコが
「あ、B面から…」
そういいかけたとき、アイ・フィール・ファインのイントロが、ヴィーン!と鳴った。

オトコはもうしばらくの間、帰るべき家が他にあることを忘れようと思っていた。

 


てなわけで5万アクセス御礼申し上げます。


続きを読む

こんな本を見つけました。
        af833f02.jpg



 【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ロックが最も輝いていた70~80年代、日本のファンと海外アーティストの架け橋となった「ミュージック・ライフ」という洋楽専門誌があった。まだロックが商業化されていない時代、名物編集長の東郷かおる子は、持ち前のド根性とミーハー精神でビッグアーティストたちへ体当たり取材を繰り返す。やがてロックはビッグビジネスとなり、「ミュージック・ライフ」もロックファンの“バイブル”と称されるまでになる。涙と笑いと感動が凝縮されたバックステージ・エピソード集。

【目次】(「BOOK」データベースより)

序章 1960年代―ロックの産声(編集者としての始まりが、ロック黄金期の始まり)/第2章 1970年代―ロック黄金期の幕開け(ウッドストックと箱根アフロディーテ/グランド・ファンク・レイルロード/レッド・ツェッペリン/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル ほか)/第3章 1980年代―ロック産業の発展と成熟(テクノロジーとロック/ブームタウン・ラッツ/デヴィッド・ボウイ/ジョン・レノン ほか)/最終章 1990年代―ロックは死んだのか?(ロックの変質とミュージック・ライフの休刊)

ミュージック・ライフと共に青春を過ごした私はマストバイでございまするぅー。
わが青春のロック黄金狂時代

 【追記】こちらの過去記事も合わせてご覧ください(→こちらです。)



続きを読む

このページのトップヘ