2008年11月

2008年11月29日

ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス

きょう11月29日は、ジョージ・ハリスンの命日です。

ホワイトアルバム40周年にちなんだ記事もジョージの名作「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」です。

私はこの曲を聴くと必ずといっていいほど泣いてしまうのですが、「号泣」してしまったことが3回あります。

まず、初めて聞いたとき。
なぜか理由もわからず「ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン」が始まってもまだ泣いていました。そんなお年頃だったのかな?
まだ、クラプトンとのいろいろな伝説を知る前です。

次は
映画「バングラデシュのコンサート」を見に行った映画館で。(現在の表記は「バングラデシュ・コンサート」なのね)
涙でかすんでよく見えなかったので、また見に行ったがやっぱり泣いてしまう。
何とか涙をこらえてみたのは随分たってから。ビデオ(VHS)でやっとどんな顔で歌っているか見ました。
う~ん、かっこいい!!<遅っ!

最後は
「ライヴ・イン・ジャパン」
もっともこの時は初めから泣きっぱなしで途中でコンタクトが流れそうになったりっと何かと大変だった。
その後海賊版DVD(←すみません)を見てやっとどんな顔をしてたかわかりました。
う~ん、だいぶ年取ったな


While My Guitar Gently Weeps


出だしのI Look~の発音がイギリス英語で素敵です。(当然といえば当然ですが)

ところで、出だしといえば、「ヘイヨッ!」はどうやらザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビルの最後のようですね。
ずっとどっちだろうかと悩んでいましたが、ウィキペディアによると、
『(~バンガロー・ビルの)ラストにはジョンの「エイ・オップ!(英国リバプール訛の英語でえっ、ちくしょうという意味)」という掛け声が入って終了する。』
ということです。
あ、「ヘイヨッ!」じゃなくて"Eh,Up!"なのね。ふ~ん。


2008年11月27日

バッド・イングリッシュ

今日は、ザ・フーの記事を書いたときにコメントをくださったロック喫茶「せるてぃぶ」へ行ってみました。

今回は私が一時期よく聞いていたバンド、バッド・イングリッシュの話題でした。
dea4c0c3.jpg


先日ようやく購入したMP3に何か入れ忘れてるなぁと思っていましたが、それがこのバッド・イングリッシュでした

メンバー
John Waite ジョン・ウェイト/リード・ヴォーカル
Neal Schon ニール・ショーン/ギター、ヴォーカル J
onathan Cain ジョナサン・ケイン/キーボード、ヴォーカル
 Ricky Phillips リッキー・フィリップス/ベース・ギター、ヴォーカル
Deen Castronovo ディーン・カストロノヴォ/ドラムス、ヴォーカル

ファースト・アルバム『バッド・イングリッシュ』
1. ベスト・オブ・ホワット・アイ・ガット
2. ヘブン・イズ・ア・4レター・ワード
3. ポゼッション
4. フォゲット・ミー・ノット
5. ホエン・アイ・シー・ユー・スマイル
6. タフ・タイムズ・ドント・ラスト
7. ゴースト・イン・ユア・ハート
8. プライス・オブ・ラブ
9. レディー・ホエン・ユー・アー
10. レイ・ダウン
11. レストレス・ワンズ
12. ロッキン・ホース
13. ドント・ウォーク・アウェイ

ホエン・アイ・シー・ユー・スマイル は全米No.1に輝いた名曲。
捨て曲なしの名盤とオンデンは思っています。
思い出させてくださったマスター、どうもありがとうございました。


 しかし、スーパーバンドの宿命には勝てずに(?)二枚目のアルバムを出した後解散している。 8adbe797.jpg


《メール便なら送料無料》【輸入盤CD】Bad English(バッド・イングリッシュ)/Greatest Hits




2008年11月25日

バッド ボーイズ!



うひゃ~、懐かしいです
ザ・バッド・ボーイズ のMEET THE BAD BOYS

いつの間にか紙ジャケで再発していたんですね~。
JAMのマスター、教えてくれてありがとうです^^/

オンデンと同年代の人には説明は要らないと思いますが、若い人に一応紹介すると・・・
「後にオフコースに参加した清水仁が在籍したビートルズのコピーバンド」
なんていうことでいいかな?<いいのか?

試聴してみますか?
【MUSICO】バッド ボーイズ!「Meet The Bad Boys+4」の試聴はこちら


2008年11月24日

ジョージの命日

2001年11月29日、元ビートルズのジョージ・ハリスンが肺癌と脳腫瘍のため逝去しました。(ウィキペディアより)
もうすぐジョージの命日ですね。

不思議ですが、ビートルズのうち亡くなったジョンとジョージは秋と冬にメモリアルディが多いです。逆にポールとリンゴは春と夏に誕生日などがあります。

カレンダーの残りが少なくなってくるとジョンやジョージのことを思い出しますね。


続きを読む

2008年11月23日

Back In The U.S.S.R.

はてさて、そういった様子でホワイトアルバムを入手したオンデンはA面の一曲目に針を落とした。
その感想は…。

「やだ、このレコード壊れてる!すごいキズだわ!!」

ヴォリュームをいっぱいに上げたスピーカーから「ヒュ~」というものすごい音が聞こえてきたのだ。
「どうしよう」
あわてる私。が、演奏が始まってしまった。そしてポールの歌。少し小さくなったもののまだ「ヒュ~」は聞こえてる。
ああ、また大きくなった。もう歌どころではない。
「取り替えてもらわなきゃ。」
そればっかりが頭の中をぐるぐる回る。
とうとう「ヒュ~」が最大になって曲は終わった。
私はヘンな汗をかいていた。

2~3日悩んだあげく、私はビートルズファンの先輩で同級生のMちゃんに相談するとMちゃんは即答してくれた。
「それ、飛行機の音じゃない?」

私は走って家に帰ると初めてアルバムを全部聞いたのだった。



ビリー・ジョエルの Back In The U.S.S.R.をただいまようつべにアップロード中。
「しばらくおまちください。」

あ、できました。