2010年04月

2010年04月29日

Gary Moore (ゲイリー・ムーア)@東京国際フォーラム

昨夜(28日)ウドーさんから案内のEメールが来てすぐに参戦を決めたゲイリー・ムーアのライブに行ってまいりました。
見た目重視のミーハーなオンデンですが、昔からゲイリーには容姿以前に惹かれるものがあって(失礼)一度はライブでお会いしたいと思っていました。
547af723.jpg


アイスランドの火山噴火の影響が心配でいろいろ調べていて今回の公演はブルース一色の構成とわかっていました。
でも最後の最後に「パリの散歩道」(Parisienne Walkways)をやってくれるというので楽しみでした。

今回はとくにサプライズはなかった来日公演(全公演共通らしい)のセットリストです。
「Oh Pretty Woman」
「Bad For You Baby」
「Down The Line」
「Since I Met You Baby」
「Have You Heard」
「All You Love」
「I Love You More Than You'll Ever Know」
「Too Tired」
「Still Got The Blues」
「Walking By Myself」

アンコール1
「The Blues Is Alright」
 アンコール2
「Parisienne Walkways」

f2a650d5.jpg


会場の東京国際フォーラムも初めてでしたが、有楽町駅からちょう近くてきれいでした。
座席は前から13番目の27番でちょうど通路のところでした。
立ち上がって少し通路に出て踊ってしまいました(笑)
ステージの真ん中から向かって少し左よりだったのですが、何とそこにはボーカルマイクスタンドが…!
やったね。歌うゲイリーを真正面から(しかも真近で)見てまいりました。

ただ、ギターソロするときは正面に移動しましたが。
そのギタープレイは速い、美しい、長い(?)ともう涙ものでさすがは「人間国宝」と言われるだけのことはありました。
また、心配されていたボーカルも難なくこなしていましたし、オンデンの中では「世界遺産」に認定です。
e8461696.jpg


今度はぜひロックのセットリストで帰ってきてほしいです。
あ、もちろんブルースもゲイリーのならばOKです。

【追伸】
実はこの前の夜、お風呂上りに椅子を蹴飛ばしてつま先を強く打撲しました。最初は歩いて行けるかどうかさえ危ぶまれましたが、シップ&痛み止め薬で何とか頑張りました。



ご心配をおかけしましたが、ブログへコメントができない件、修復しました。
ご協力してくださった皆さん、ありがとうございました。
いろいろメールで尋ねましたが、返事がないので原因などはわかりません。
なのでまた症状が出るかも。ヤだなぁ。




2010年04月23日

動画をアップしました

もうお気づきの方もいると思いますが、オンデンのユーチューブとムームへそれぞれ動画をアップしています。

 

まだ途中ですが、以前このブログに書いた「チューリップ・イン・ジャンジャン」のテープを少しずつ順にユーチューブへアップしています。

今日は「チューリップ イン ジャンジャン(1974)その5」をアップしました。

 

曲は

セプテンバー

サンセット通り

愛は不思議なもの

 の3曲です。

 

「その1」から聴いてみたい方はここから。

 

ユーチューブの方にもコメントしましたが、モノラルカセットレコーダーによる生録なので音の状態は悪いです。

でもライブハウスならではのファミリー的な雰囲気は伝わると思いますのでよろしかったらどうぞ。

全部で80分くらいのライブなのでこれで約半分です。

すべてがアップできたらまたご報告しますね。

 

 また、動画BBSとも言うべきムーム(mooom)へは懐かしいテレビCMを投稿しはじめました。

こちらもどうぞお楽しみください。




ところで、先日はネット回線がダウンしてどうなることかと思いましたが、おかげさまで何とか復旧してくれました(ホッ)
ご心配してくださった皆様、ありがとうございました。
久々にネットカフェへ行って自分のブログを見てびっくり。
ブログパーツのMEMOは役立たずでした(T_T)
そこでまた新しいものを考え中です。何にしようかなぁ?




2010年04月20日

久しぶりのネカフェ

自宅マンション全体のネット回線がダウンしてしまいました。
ただいまネットカフェからです。
5年近く前の会員証がまだ有効でうれしかったです。

回線復旧のメドはたっていません(ρ゚∩゚) グスン
たまにこうしてネカフェからメールチェックがてら様子を見に来ます。
皆様のところへゆっくり寄ることはできませんが、どうぞ見捨てないでちょうだいね。

それではまたいつか。


2010年04月15日

サイボーグ009 第7話 『消えたスクールバス』

男の子が一人で「科学技術庁」の「原子力局」へやってくる。

職員の制止を振り切ると原子力センターの見取り図を持ち去ろうとする。

警察官も駆け付けたが、相手が子供なので銃で撃つことができない。

男の子は放電能力を持ったサイボーグだったのだ。

f758728f.jpg

しかし、エネルギーを使いすぎて男の子は倒れてしまう。

秘密がバレるのを恐れたグロックは遠隔操作で男の子の体内にしかけた爆弾を爆発させた。

その頃、ギルモア博士は原子力センターでそこの研究員とともに超小型原子力エンジンの開発に携わっていた。

今回の事件がそれに関係するのでは?と考えた009たちは博士とともにセンターへと向かった。

折りしもエンジンが完成するという日は所員の子どもたちが遠足でスクールバスに乗って海底トンネルを抜け目的地へと向かうことになっていた。

 

だが、そのトンネルの途中で子どもサイボーグの仲間(Kサイボーグ)の一人がバスの前に立ちはだかりバスごと大きなトラックに乗せて誘拐してしまったのだった。

 

トンネルの出口でバスを待っていた親子からバスが途中で消えてしまったという連絡が入り、009たちは調査に向かう。

7a280cf0.jpg


003
がトンネルの壁の向こうにもう一本トンネルがあることを発見して潜入するが、それはワナだった。

 

トンネルが爆破されて、海水がセンターへ押し寄せる。避難する職員たち。

009たちの活躍で職員たちは無事だったが、センターから警報が鳴り響く。

 

グロックたちの目的は子どもたちを誘拐してKサイボーグを増産することと、それによって009たちの目をセンターからそらせて超小型原子力エンジンを奪うことにあったのだ。

 edbc1d11.jpg

再びセンターへ向かった009たちの前にKサイボーグの少年が現れ、エンジンは盗まれていってしまう。しかし放電を繰り返すの少年は007の機転で気を失ってしまう。

 

ギルモア研究所へを連れ帰った博士は体内の爆弾を取り除き、わざと逃がして後をつける作戦に出た。

そして誘拐した子供たちに小型化した原子エンジンを埋め込もうとしたグロックらのいるアジトを発見。子どもたちを救出したが、K2たちサイボーグ少年が009たちに迫る。

「子どもたちを撃っちゃだめよ。」

6d8329c1.jpg

003
の言葉に009は天井を撃って攻撃を食い止めると、本当に悪いのはグロックだと、説得をする。

その間に007がグロックのいる指令室に潜入して体内の爆弾が爆発できないようにした。

追い詰められたグロックは自害して果てた。

 

誘拐された子供たちは船で無事にセンターへ戻ることができた。

そしてサイボーグ少年たちはギルモア博士に直してもらうことになった。

 

 

【個人的感想など】

目立たない(?)けれど、原子力の平和利用を考えようという隠れた主題がこのお話の中にもあるね。

鉄腕アトムのエネルギー源が原子力だったということからか、この命題(原子力の平和利用)はこの頃のアニメには付いてまわるのが普通と言ってよいくらいでした。

 

有名なのが「レインボー戦隊ロビン」の第11話「マンモス空母の危機」。

『いいですか、艦長!

平和を愛する限り、どんな理由があっても原子爆弾は使ってはいけないんです。

たとえそれが戦いを終わらせるためであろうと、命あるものに向かって核兵器を使用することは絶対に許されない、悪魔の行いなんです!』

 

最近こういうアツいアニメにはお目にかかっていないなぁ。


 




2010年04月10日

ビートルズ解散40周年 (続き)

1970年4月10日。

つまり40年前の今日。

ついにやっちまっいましたよ。ポール・マッカートニー。

 

今日は何の日

1970410日にポールのビートルズ脱退宣言が報道された日」

 

ま、いろいろ問題が山積で解散は時間の問題だったようですけれどね。

今にして思えばあれだけ個性の強い面々の集団がよく7年も一緒に活動をしていたなぁと思うわけです。

 

当時はヨーコが解散の原因とか言われていて、私も映画「レット・イット・ビー」の中で「アイマイミーマインする()」ジョンとヨーコを苦々しく見たこともありましたっけ。

でもいまは私も当時の二人の年齢もとうに越え、やっとその誤解も解けて「あの頃はゴメン」の意味も含めて応援させてもらっています。

 

 

傷だらけで…♪今は・もう・動かない聴かないLP。2000円也。

 863a2119.jpg


9d388e3d.jpg



このLPを買ったときにもらったポスター(一部分)

レコード以外のビートルズコレクション第一号。

このときはまだメンバーの名前と顔が一致していなかった(爆)

メガネのジョンを一番に覚えたかな。

あとはみんなヒゲヅラのおじさん…()

こんなミーハー・ファンになるとは、思いもよりませんでした。


27af79e9.jpg

 

よい子のみなさん、人生は何があるかわかりませんよ。

 

 ※当時英語を習いたての中一はジョージの「アイ・ミー・マイン」を「アイマイミーマイン」とわざと読んでいた。そしてこの曲を聴くとダンスするジョンとヨーコが思い浮かぶのです。





そのころ描いていたジョンとヨーコを思い出して描いてみた(笑)
f31f9e78.jpg