があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

2010年05月

アナログ人間のくせに新しいもの好きなオンデン。
もちろんツイッターもやってますよ。
名前がオンデンじゃないので見つけにくいかもしれませんが、よかったらフォローしてくださいね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

オンデン的にはこの方をフォローして毎日癒されています。
たとえばこんな感じです。

フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが1945年に小説でムーミンを発表してから今年で65周年。
各地でいろいろイベントが組まれる中、今回のカンヌ国際映画祭で「ムーミン」の映画が発表されたということです。
9ee19c4c.jpg


「ムーミン谷の彗星」を原作としたこのパペットアニメは1979年にポーランドで製作されたもので、もともとは26シリーズ78話のテレビアニメとして放映されたものです。
(日本語版は故・岸田今日子さんがすべてのキャラを一人で吹き替えていたものを、CATVで見たことがあります)

それが2009年に再編集されて、デジタル化。映像がクリアになり「劇場版ムーミン谷の夏まつり」として公開されました。
そして今回は、「ムーミンズ・アンド・ザ・コメット・チェイス」として、なんと北欧初の3D映画となってカンヌ映画祭に登場したというわけです。

主題歌を、大のムーミンファンというアイスランドの歌姫ビョークが歌うかと思えば、スナフキンを悪役で有名なピーター・ストーメアが、臆病なスニフをこれまた「007 カジノ・ロワイヤル(2006)」で敵役を演じたマッツ・ミケルセンが演じているそうです。

ムーミンを見ていつも癒される私ですが、この3Dアニメが日本でも公開されたら飛び出すニョロニョロにどう対処すればいいのか?
パルムドールの行方以上にそれが気になって、いまからドキドキなオンデンなのです~

予告編(飛び出さないけど…)です^^




拍手をいつもありがとうございます

5月20日ぼっちゃんさん
>ヤマトの七不思議
私も忘れていて、今回最初から見た時に「あれ?」と思いました。
やっぱりあの人は水色じゃないとダメでしょ?


最近、某所で時代劇風の二次創作を目にして、わいこもちょっと考えた。

「必殺仕掛忍者賀茶満」

(キャストは『必殺仕置人』から)
念仏の健
棺桶の錠(←これは本当です。沖雅也がやっていた)
鉄砲玉のおじゅん
おひろめの甚平
北町奉行所定町廻り同心の中西主水(をいをい)

元締・南部の旦那(『必殺仕置人』に元締めはいませんが、やっぱりいた方がいいわ)

今回は、壺振りのお響のうらみをはらします。
さて、どんな妄想をしてみようかしら?






コメント

1. こまちょ 2010年05月19日
いや~ん、短パン(?)のジョーが見られるんですね~。ステキ(= '艸')ムププ
で、竜が婿殿なんですね~。
これは是非みてみたいです。

「鬼平犯科帳」だと南部博士も出てこられますね。配役がちょっと難しいけど。。。


2. があわいこ 2010年05月20日
こまちょさん

>短パン(?)のジョーが見られるんですね~。
あの細くて長い脚が目の前に浮かんだかな?

>で、竜が婿殿なんですね~。
順番に役を割り振っていったらこうなってしまいました。

>「鬼平犯科帳」だと南部博士も出てこられますね
よく知らないんだけれど、中身の人(大平透さん)が出ていたの?


3. マヤ 2010年05月20日
お響さんがどんなうらみをどういうふうに持つのか、気になります~
楽しみにしています


4. こまちょ 2010年05月20日
鬼平には太平さんは出ていませんでしたが、「お頭」なるボス(鬼の平蔵)がいるんですよ。
火付け盗賊改めっていう公務員のお話です。

南部博士にそのお頭役はどうかな?と思いまして。。。(= '艸')ムププ


5. こまちょ 2010年05月20日
すみません。↑ 大平さんが太平さんになってしまいました。。。

大江戸捜査網もいいですね~。
死して屍。拾う者なし。
いいえ、ジョーの骨は私が拾いますっ。


6. があわいこ 2010年05月20日
マヤさん

>お響さんがどんなうらみをどういうふうに持つのか、気になります~
まだ考えていませ~ン(爆)

くのいちの麻耶も出演かな?(笑)


7. があわいこ 2010年05月20日
こまちょさん

>「お頭」なるボス(鬼の平蔵)がいるんですよ
あ~、思い出してきました。
陣笠かぶっている人ね(笑)
似合うかも~@博士。


8. があわいこ 2010年05月20日
こまちょさん

>すみません。
あら、気づかなかった(爆)

>ジョーの骨は私が拾いますっ。
あんまりいいダシは出ない気がしますが…。←鶏がらスープか?!

ファミリー劇場で放送されていた「宇宙戦艦ヤマト」(1974年版・初代)を録画して見ていました。
きょう最終回を見ましたが、やっぱり泣いちゃいましたね~。
沖田艦長の死を知った佐渡酒造先生の無言の敬礼がいいよね。

森雪が生き返るのはいまでもちょっとガテンがいきませんが…(爆)

私としてはこの最終回のひとつ前、25話を久しぶりに見れて嬉しかったわ。
やっぱり古代守くんは素敵です
タイッちゃん(故・広川太一郎)いい声だし。
3ffdf4a0.jpg

「スターシアとイスカンダルに残ったりなんかしたりしちゃって。」と言いだすのでは?とハラハラしたり…←いいません!

全編を通してはやっぱりクールな真田さん(真田志郎)ですね~。
アナライザーとのコンビ(なのか?)もよかったし。
687bc53c.jpg

これで眉毛があれば(手足は別として)申し分なかったのだけれど…おしい!(こらこら)

今回、初めてと言っていいくらい全編を通して続けてみることができたのですが、その中で一番びっくりしたのが主題歌。
え~、こんなに違うバージョンが使われていたんですね。
最終回はなかったし(爆)

このヤマトの主題歌とエンディング(真っ赤なスカーフ)はご存じささきいさおさんの歌で作詞は阿久悠さん。
最近またこのコンビでテレビアニメの主題歌があるのをご存知ですか?
それは「最強武将伝・三国演義」オープニングテーマです。

特にささきさんは「呂布」の声も演じられています。
主題歌も出演もだなんてファンとしては嬉しい限りでございまするぅー。
これも毎週見ています。
でもやっぱ三国志は難しい…

ヨコミチにそれたまま今日はこれでおしまい<(_ _)>(っをい!)




拍手をありがとうございます。
5月13日茨木月季さん
フォロミーのボタンは楽天でもつけられてよかったですよね。
チバテレビでやっているムーミンは見れていますか?


5月15日マヤさん
>最後の盛り上がりで、バックにスライドギターが聴こえたような
最後の方はオーケストラの音が大きくなってわかりませんね(爆)
耳のよい方、どうでしょうか?←他力本願。


もしかしたら初めてかも知れません。
家族に付き合いじゃなくてNHKの朝ドラを見ているのは。

NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」は『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる漫画家水木しげるさん夫婦の半生を描くドラマで、毎日楽しみに見ています。
最近、ヘンな紙芝居屋のおじさん(杉浦音松)が出てきたなぁと思ってよく見るとあの上條恒彦さんでした。
上條さんといえばやっぱこれだね~♪
というわけでまたもやドーナツ盤入れの段ボールをガサ入れしてきました。

cb048d7e.jpg


ひゃ~っ。懐かしい。銀河の向こうへ飛んで行きそうでちゅ~

歌詞はこちらから

出発(たびだち)の歌
―失われた時を求めて―
第2回世界歌謡祭グランプリ受賞

作詞 及川恒平 
作曲 小室等
編曲 木田高介
歌 上條恒彦+六文銭
コーラス シンガーズ・スリー、ザ・ブレッスン・フォー
1971 by YAMAHA Foundation For Music Education, P.M.P.

 


拍手をありがとうございます

>5月9日茨木月季さん
なかなかお絵描きする時間がとれませんが、少しずつ頑張りますね。

 
>5月11日マヤさん
80年代のMTVには私も思い出がいっぱいです。


このページのトップヘ