2012年06月

2012年06月30日

「地上最大の手塚治虫」展

忙中閑有り。

お役所等への届出が一段落して次のステップまで少しだけ時間ができたので、前から予定していた「地上最大の手塚治虫」展へ2日遅れで行ってきました

ab13a0ba.jpg


場所は「世田谷文学館


新宿から京王線に乗り換えて「芦花公園」駅下車
9e998849.jpg


初めての場所でしたが、駅前に看板があり一本道だったので助かりました
92978c7c.jpg


7a706f78.jpg


0428a385.jpg


ea06921f.jpg


0419da56.jpg


入り口ではアトムとサファイア(リボンの騎士)が出迎えてくれました

展示品の一番初めが手塚先生愛用のベレー帽・・
初っ端しょっぱなから胸がしめつけられてすでに涙目です

特に数々の名作の生原稿は惹きつけられました
丁寧で繊細なのに迫力がありました

マンガ本読み放題コーナーもあって開館から閉館まで1週間くらいは通い詰めたいところでしたが、いられる時間は1時間ちょっと・・
たくさんのものをギュッと目に焼き付けてきました

記念冊子はすでに完売していた(涙)ので、お土産は「喫茶どんぐり」でアトムの栗まんじゅうを買ってきました
276c5fc1.jpg


ついでにおいしそうなクッキーも・・
2a96e6f5.jpg



初めて行くところでも、検索できるからホント、便利な世の中になりました
路線情報を教えてくださったおでさん、ありがとうございました
おかげさまでスムーズに行って来れました~~



いつも拍手をありがとうございます<(_ _)>
コメントへのお返事は原則HNをつけさせていただきます。匿名希望の方はその旨コメントしてください

>6/30 8時ごろ 拍手をありがとうございました
>6/30 22時ごろ 拍手をありがとうございました

>7/26 拍手をありがとうございました

>8/23 拍手をありがとうございました



2012年06月25日

突然ですが

本日、6月25日10時37分。
父が他界しました

88歳と1か月でした
故人の遺志により献体し、通夜・告別式等は行いません。

ブログもできる限り普通に更新したいと思っていますのでこれからもよろしくお願いします


>6/27 拍手をありがとうございました

>7/5 拍手をありがとうございました
あきちゃん、お悔やみの言葉をありがとうございました

【追記】
へいさん、azarashiumiさん、リチアさん
ブログのメールへあたたかいお悔やみのメッセージをありがとうございました





サイボーグ009 第24話 『非情な挑戦者』

 ワニに襲われた子供を助けた008だったが、川岸にあったボートに閉じ込められたかと思うとそのままどこかへボートごと飛び去ってしまった。
004は土管をトラックに積み込んで出発しようとするとそのうちの一本から強い電磁気が発生して、動けなくなりそのままその土管ごとやはりどこかへ飛んで行ってしまう。
d003161e.jpg
 

アメフトの試合が終わった002は車で帰ろうとするとやはり車が空中へ。自力で車外へ飛び出したが謎のジェット機二機に襲われて撃ち落とされてしまう。
13330c07.jpg


連絡が取れなくなったゼロゼロナンバーたちはどうやら誘拐されたらしいと判明したためギルモア博士はほかのメンバーにも充分気を付けるよう指示することにした。
だが、006と007は張々湖飯店に車が届いたためその試運転に出かけてしまい、009の目前で車ごといずこへと飛び去ってしまった。
70a2c126.jpg


なおも追跡しようとジェット機に乗り換えた009の前にあの二機のジェット機が現れ、決闘を申し入れる。
二人はビルとガイ・クルーテル兄弟だと名乗った。
c3018cf4.jpg


市街地の上空では市民に被害が及ぶと考えた009は海上へと二人を誘い出し、空中戦を繰り広げる。
009に尾翼を破壊されて二機は逃げ去ったが、たまたま海岸でスケッチをしていた母娘が巻き添えになりお母さんが重傷を負ってしまう。
e288981b.jpg


ドルフィン号で駆け付けたギルモア博士、003、001が保護して看病にあたるものの頭をやられていて予断を許せない状況だ。
一方、誘拐されたゼロゼロナンバーの6人はとある離れ島の電磁牢の中に閉じ込められていた。
何とか連絡を取ろうと004が膝から取り出したロケット弾に発信器を付けて打ち上げてみるとそのSOSをドルフィン号がキャッチ。
15b3b341.jpg


クリーン諸島のグレイブ島付近とわかった。
偵察に向かう009。

島の地下には兄弟の本拠地があった。
4cf189e5.jpg


兄弟は人間ではあったが、父親が作った電子頭脳によって催眠カプセルの中で15年間純粋に知的教育されたのだった。
そしてカプセルから出ると、この地球上で最強であることを証明するためにサイボーグ戦士に挑戦してきたのだった。
e9837546.jpg


そして重傷のけが人がるために設備の整った研究所へ向かおうとしていたドルフィン号をも魚雷で取り囲み動けないようにしたのだ。
「お前たちは人間だろう!?心はないのか!?」
迫る009に兄弟は聞く耳を持たない。
0cb0518a.jpg


不利な戦いを強いられている009をほかのメンバーが放っておけるはずはない。
勇気を出して電磁牢から脱出をするんだ。
7acaf973.jpg


005が大きな体で電磁波を遮断している間にほかのメンバーが脱出。
倒れた005を006と007が助け、008はドルフィン号の魚雷を撤去。
002と004は009の援護に飛び出していった。
だが、その時重傷だったお母さんが亡くなってしまったと連絡が入る。

怒った009はついに兄ビル・クルーテルの機のキャノピーに飛び移り、「お母さんを亡くした娘さんの泣き声が聞こえないのか?!」とバカなことはやめるよう説得する。
351c9c07.jpg


動揺したビルは手元が狂ったのか弟のジェット機を撃ち落としてしまう。
人間の心を取り戻したかに見えたビルだったが時すでに遅く、自ら基地のある島へと堕ちて行ったのだった。

ドルフィン号の上に立つ009たち。母を亡くした少女が海へ花を投げ入れようとしていた。
e6d7a258.jpg


「人間の心だけは作ることはできない」と、ギルモア博士。
005の回復手術にむかっていった。


【個人的感想など】

せっかくかっこよく登場した004だったのに、土管にしがみついて飛んでいきました。
かっこ悪・・
b35dd93e.jpg



でもそのあと、「ここに勇気っていうやつを持っているだろう?」と胸をたたく。
やっぱりかっこいい
97a89fd1.jpg



兄弟の挑戦を受けて立つ009。
ジェット機をロックオンした時の「獲物を捕らえた」表情が怖いけど素敵~
05362b82.jpg



いつもより(?)シャープなイメージのドルフィン号・・ですよね・・(をい)
06ced43b.jpg



女の子の絵柄が『あかねちゃん』しているなぁと思ったらやっぱり作画監督が高橋 信也さんでした。
どうりでお母さんも色っぽかった(こらっ!)



いつも拍手をありがとうございます<(_ _)>
コメントへのお返事は原則HNをつけさせていただきます。匿名希望の方はその旨コメントしてください


6/25 strangelove2001さん
拍手をありがとうございました
アッコちゃんにもゲスト出演したほしかったです~♪

6/25 19時ごろ 拍手をありがとうございました




2012年06月20日

ラブミー・チュナイト??

チューリップがめでたく(?)デビュー40年目を迎えた6月5日の夜、ツイッターでフォローさせていただいているチューリップ40周年実行委員会さんからこのようなつぶやきがタイムラインに上がってきました

そしてしばらくすると、このようなお知らせが・・!

そういうわけで、アナログ人間のオンデンも頑張って・・いや、いろいろ教えていただいて当日は生まれて初めてユーストリームなるものに参加してしまいました
 
いや、その楽しいこと、面白いこと
長生きはするものですね~

おかげさまで、チューリップファンのツイ友さんも増えました。
うれしいです。よろしくお願いしますね

次回はチューリップのメンバーも参加してくれるとうれしいなぁ。
電話をしてくださった宮城さんか、ツイッターを始めた上田さん・・お願いしま~~す!


ところで、そのチュナイトの時に渋谷ジャンジャンの話が出ました。
そのあとで懐かしい当時の生写真が出てきましたので貼っておきます

57977d50.jpg


演奏が始まる前。
ジャンジャンには楽屋が無いらしくチューニングはこうして舞台に出でやっていました。
財津さん、若いですね~
この写真の隅に〝73 NOV”と印刷してあるので1973年の秋ごろと思われます

52b774bc.jpg

↑赤いのが吉田さん、その上に上田さん(上の写真のほうがわかるかな)。財津さんの手の横が姫野さん、隣りが安部さんです



いつも拍手をありがとうございます<(_ _)>
コメントへのお返事は原則HNをつけさせていただきます。匿名希望の方はその旨コメントしてください

>6/20 拍手をありがとうございました

>6/29 拍手をありがとうございました

>7/10 拍手をありがとうございました

>8/19拍手をありがとうございました



2012年06月15日

ART OF UK ROCK

ブリティッシュ・ロックを通して音楽とアートの関わりを探る展覧会「ART OF UK ROCK(アート・オブ・ブリティッシュ・ロック)」が、東京・渋谷のBunkamura Galleryで6月13日から開催される

・・との情報を得て、さっそく14日(木)に行ってきました

ec37798e.jpg


渋谷駅から109の横を通り抜けた先が東急本店。そのまたお隣りがBunkamuraです。

1ec8c60d.jpg


おのぼりさんにもわかりやすい場所です(笑)

6e72e26f.jpg


これ、展覧会かと思っていたら、絵の横に値段が貼ってありました
高いかなぁ?と思ってよく見ると10万円台がほとんど。

割と最近の作品かしら?と思われるものは5万円台のものもありました。
そんななか、さすがにアンディ・ウォーホルの作品は1ケタ違いましたが・・

でも、見るだけなら『入場無料』

短い時間でしたが、面白い時間を過ごしてきました~

■ART OF UK ROCK
 会期:2012年6月13日(水)~6月21日(木)
 開館時間:10:00~19:30 ※最終日は17:00まで
 入館料:無料
 会場: Bunkamura Gallery
 問い合わせ:03-3477-9174(Bunkamura Gallery)

【蛇足】
英語はUKなのになんでカタカナではブリティッシュになるのかな?
そのまま訳すならユナイテッド・キングダムでしょ



いつも拍手をありがとうございます<(_ _)>
コメントへのお返事は原則HNをつけさせていただきます。匿名希望の方はその旨コメントしてください

> 6/16 22時ごろ 拍手をありがとうございました