2013年10月

2013年10月31日

キッスin武道館

キッス(KISS)が10月24に日本武道館で行ったライヴのフルセット映像がYouTubeにアップされていました




セットリスト

01. Psycho Circus
02. Shout It Out Loud
03. Do You Love Me?
04. I Love It Loud
05. Hell Or Hallelujah
06. War Machine
07. Sukiyaki
08. Heavens On Fire
09. Calling Dr. Love
10. Say Yeah
11. Shock Me
12. Outta This World
13. Tommy Thayer And Eric Singer Jam
14. Gene Simmons Solo
15. God Of Thunder
16. Lick It Up
17. Love Gun
18. Paul Solo
19. Black Diamond

Encore

20. Detroit Rock City
21. I Was Made For Lovin' You
22. Rock And Roll All Nite


行きたくても行けなかった日本公演。
DVDなどにならなくてもこうやって見られてうれしい限りです。

でももしかしたら削除されるかもしれないので早めに見てしまわないと・・


gawyko at 19:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)音楽 

2013年10月25日

いいね@ツイッター 2013年08~10月分














2013年10月15日

経済危機?

今日、銀行へ行ってきました。

振り込まれた額を見て愕然としました←ガクッとしたとかそういうシャレじゃないからね!
先月までと比べて3万円も少なくなっていました

おかしいな。
低所得者だから増えると思っていたのに・・
いつから高額所得者になったのでしょう?

働きに出ようかとも考えましたが、そうなるともう何年も洋服や靴や化粧品を買っていないのでまずそこから買い揃えなくてはなりません。
そんなことをしたら、いつ「もと」が取れるだろうか?と考え込んでしまいます。

月に15円くらい節約できそうなことを考え出して喜んでいた私がバカみたいです
この調子で消費税が8%になったら生きていけません(涙)

その上、いま母が見ているN●Kの朝ドラがいけません。
朝からご馳走を食べるシーンがたくさん出てくるのです。
すると母からあれが食べたいこれが食べたいとリクエストが出ます。
エンゲル係数が上がります。ホント、勘弁して欲しいです

節約してギリギリの生活だったのに、今月からあと3万円も節約しなければなりません
3千円だって無理っぽいのに・・

とりあえず明日は88円のカップラーメンです


なんでこんなことになったんだろう??


gawyko at 20:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)我が家 

2013年10月12日

動画「さらば友よ」について

この記事は、動画「さらば友よ」をご覧くださったことを前提にしています。
(リンク先の動画が再生できないなど不具合があるときはF5ボタンを押すなどしてページの再読込みをしてみてください)

まず、イントロ。
時系列で言うとおかしいのですがこのシーンが丸ごと編集なしでスッポリ収まりましたので使ってしまいました。
動画全体でも時系列より歌詞とのマッチングの方にウエイトをおいた形になっています。

「命の火」は1番が「消えてゆく」で2番が「燃え尽きる」です
これも歌詞の方に合わせてブーメランを握らせるほうが先になりました

「それはジョーじゃなくて健の心じゃんか?」というツッコミをお待ちしています(笑)

難しかったのは3回登場する「さらば友よ」です。
「博士、みんな。元気でな。後は頼んだぜ」と「疲れたぜ」の直前、諸君を思う場面はすぐに決定したのですが、3番目が浮かびません。
浮かばないまま103話を見直したらブレスレットが飛ぶシーンでなぜか涙が溢れてきたのでこれにしようと決めました。
なのでまたもや少しだけ前後することになりました

夕日に向かって飛ぶゴッドフェニックスはご存知、ゲゾラのラストです。
夕焼けではなく「燃える太陽、沈む時」なので太陽が写っているシーンから選びました

そうそう、「カラダを離れ羽ばたく」のカラダは「体」でも「身体」でもなく「肉体」と表記されています
幽体離脱っぽい感じがいっそう出ている表現ですね。

「思い出してくれよ」のジョーはモノクロで古いフィルムのようになる効果を使ってみました
今はもう思い出の中のジョーなのですね。悲しいです
ただ、「ジョーの番号じゃのう」の時はジョー自身は登場しないのでカラーのままです。

間奏では恒例となりつつある羽根手裏剣の行方です
今回は少し短い間奏だったので歯車に挟まるところで終わり~

この「さらば友よ」は本放送の後で作られた曲なので使おうかどうしようかちょっと迷った時期がありましたが、久しぶりに聞いてみたら以前感じていた「小っ恥ずかしさ」がなくなっていたので(←オトナになった?)使用することにしました

さて、宿題(?)の答え合わせを・・
「燃え尽きる流れ星」ですが・・皆さんもうおわかりですね

最初のほうが#70から、マヤの流れ星(まだ煙が出ていて爆発したてです)
後の方が#43。健が「ロミナ~!ジュリア~~!」と慟哭(かな?)するシーンです

ラストはどうしようかと考えて、今回も悲しく辛いシーンばかりだったので「思い出の中(=モノクロ)」ではありますが、かっこいいジョーを集めておしまい・・ということにしました

あ、今回は隠し玉というかお遊びはなしです。
楽しみにしていた方がいらっしゃったらすみません(土下座)


さて、私事ですが、昨年引っ越してから自分がノートPCを使っている隣席にはいつも母が陣取ってテレビを見ているという部屋のレイアウトになってしまったので、なかなか思うように作業ができなくなってしまいました。
放送開始41周年のムービーはもうしばらくかかりそうです。
42周年になる前には作りたいのですが・・(爆)


2013年10月07日

『窓辺』について

この記事は拙作「窓辺」についての制作裏話です
お読みくださっていることを前提にしています

 作品下のコメントにも書きましたが、今回は今までに少し書いてあったものを1つのお話にまとめました。
出だしの博士が蔵書室へ行くくだりはなんと2年以上前に書いてあったものです。
題名もその時付けたものです。
本当はジョーが別荘に来て間もないときのお話に使うつもりでした。
感情が高ぶったジョーがレターオープナーを投げつける・・というわけです。
もうお分かりですね(笑)

 古いガッチャファンの間ではかなり不評だった実写映画「ガッチャマン」
思った通りの結果でしたが、やっぱり一応記念に「あー、あのころ書いたお話か」というブックマークはしておきたくてちょっと無理やりでしたが健(ガッチャマン)が肺炎でお仕事を休んだエピソードを入れました。
もちろん健を演じた松坂桃李さんが肺炎のため試写会の舞台あいさつを欠席したことがネタ元です。

 博士と健がジョーの思い出話をしているとゴーストのジョーが現れるという設定にしようと思って書き始めたのですが、もっとジョーと話をしたくて科学を忘れた(?)博士が青森県下北半島の恐山まで出かけてイタコの口寄せを経験してくるというところまで書いてやっぱりやめました(汗)


以下に恥ずかしながら下書きに残っていた没原稿をば・・

------------------------

そんなある日、いつものようにパトロールへ出かけようと健はキッチンで「ISO特製ブランチ」を二人分電子レンジで解凍していた。
コーヒーメーカーからは、モカブレンドのいい香りがしていた。

その時だ。
別荘の窓の外で車の音がした。
聞き慣れたあのエンジン音だった。

(ジョー?)
思わず健はその男の名を口にしそうになった。

窓辺に寄ってみたが、車の姿はなかった。
しかし、道の向こうにかすかに土煙が見えたように思えた。
次の瞬間、背中に体温を確かに感じた。
あいつだ。
あいつの息遣いも聞こえる
ギャラクターと対峙した時に、唯一「後ろ(背中)」を許せる存在だったあいつ。
後ろを振り向かなくてもそれはわかる。だが・・

「チーン!」

電子レンジの音に健は我に返った

「どうした?健」
いつの間にか博士がダイニングに座っていた。

科学の忍者としてこんな話をしてよいかどうか迷ったが、健は今自分が体験したことを南部博士に打ち明けた。

ブランチを静かに口に運んでいた博士は紙ナプキンでひげと口を拭くと
「明日にでも日本の青森県へ行ってみないかね?」と唐突に健に尋ねた。

「アオモリ・・?」
「そう、そこには死霊の口寄せをするイタコと呼ばれる女性がいるのだ」

健は博士の口から非科学的な言葉が出たことに少し驚いたが、自分が感じていたことを博士も感じていたに違いないと思い直した。
「わかりました博士。今日のパトロールは早めに終わらせて支度をしておきます」

--------------------

「ジョー、ホントにお前なのか?」
「お前、ギャラクターの本部で何をした?」
「羽根手裏剣・・」

-----------

「そのことは隊長さん・・いや、健の親父さんがこっちから見ていて教えてもらった」
「おめぇが生まれる前に死んじまった小さな女の子と親子三人で幸せに暮らしている」

----------

「もし生きながらえたとしても自由を奪われてベッドに横になっているだけの人生なんてまっぴらだ。
博士に世話になっているただの赤ん坊なんかにはなりたくねぇのさ」

「疲れているんだもう眠らせてくれ・・。」

------------



と、言うわけで何年もお蔵入りになっていた「窓辺」の出だしが使えてよかったわ
まだ熟成&発酵しているお話やら2行くらいだけの書きかけやら、たくさんあるけど世に出るのはいつになることやら・・(大汗)