があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

2016年05月

【映画】
ヘアスプレー
マジック・クリスチャン
戦場のメリークリスマス
ビギナーズ
ラブソングができるまで
SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁
続・サザエさん
やさしく愛して
ハンガー

【ドラマ】
X-ファイル(2ndシリーズ)
ナイトライダー(2ndシリーズ)
大草原の小さな家 シーズン1

【アニメ・特撮】
サンダーバード・アー・ゴー
仮面の忍者赤影



※エルビス・プレスリー出演の映画「やさしく愛して」
アイドル映画にありがちなドタバタコメディーかと思いきや南北戦争の悲劇を描いたものでした

ルノワール展2016_05_25 (1)

昨日(5月25日)ルノワール展を観に六本木の新国立美術館へ行ってきました。
今回は母からのリクエストで二人で出かけてきました。

展覧会の目玉は何といっても初来日の《ムーラン・ ド ・ ラ・ギャレットの舞踏会》
母が絵の勉強をしていた時、先生に何度もこの複製画を見せられてお気に入りの一枚だったそうです。


私は実は36年前にパリで見ているのでどちらでもよかったのですが・・
ルノワール展2016_05_25 (2)
当時はオルセー美術館が出来上がる直前で印象派美術館というところにギュッと集められていました


そんなことはどうでもよいのですが、問題はめまいが酷くて体力もあまりない母をどうやって連れて行くかです。
自宅からタクシーでは破産するので最寄駅から電車で一度だけ乗り換え、なるべく美術館の近くまで行きそこからタクシーにしました。

25日にしたのは亡き父の誕生日だったから。
何となく守ってくれるような気がしたからです。
おかげで鉄道も道路も事故はなく、天気も薄曇りで帽子も傘も要りませんでした。湿度が高かったのですが、風も強く、かえってそのどちらも気になりませんでした。不思議です。


会場に着くと、がぜん元気が出て張り切る母。
ルノワール展2016_05_25 (7)
途中、何度かベンチに座り休憩をしながらも借りようかと思っていた車いすはパス!
「本物」を前に涙ぐむ母を見て連れてきてよかったと思いました。

助かったのは会場から出なくてもトイレがあったこと。
半分凍らせて持ってきた麦茶も飲めて水分補給もバッチリ。

凄く混んでいるのでは?とそれが一番心配でしたが、入場制限や待ち時間もなく絵の前で少し待っていると前の人がいなくなって最前列で暫し鑑賞できるという具合でした。

じっくりゆっくり観覧すること1時間強。
お土産はあとにして館内のカフェでコーヒータイム。
おやつに持参した好物のどら焼きをたいらげました(ドラえもんか?!)

最後にカレンダーとはがきを何枚もお買い上げしてきました。


【追記】
美術館のホムペなどのリンクをまとめておきます

国立新美術館

ルノワール展 オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵

印象派の傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》が初来日[インターネットミュージアム]

ルノワール展「バーチャル美術館」にようこそ


なお会期は2016年4月27日(水)〜8月22日(月)となっています
続きを読む


























今から考えると明治33年(1900年)生まれの祖母(故人)もテレビなんてそれまでは見たことなかったわけで父母が働きに出ている昼間もずっとテレビを見ていました。
私も幼稚園のころはラテ欄なんか読めるはずもないからおばあちゃんが見ているテレビをそのまま一緒に見ていたわけです。
民謡 (1)
そしてテレビから「♫みかん、キンカン、酒のカン」という歌が聞こえてくると『キンカン素人民謡名人戦』の始まりです。
民謡 (2)

なつかしいCMソングはキンカンのホムペにありました
http://www.kinkan.co.jp/channel/songs/

民謡 (3)
学校に上がったころにはもうあまり見なくなってしまいましたが、長寿番組だったようです

胎教がクラシック音楽だったせいか成長しても洋楽指向でしたが民謡もいくつか知っているのはこの番組のおかげだったかもしれません。

続きを読む

このページのトップヘ