中部大西洋で漁船が消息を絶ち、続いてストレイカーの映画会社で撮ったフィルムにその近海では見かけない熱帯魚が映っていたために調査をしに行った水中カメラマンが「銀色のトビウオを見た」と言い残して死んだ。
 ストレイカー司令官はただちにスカイダイバーに該当海域の調査させた。すると火山島の近海に異常な暖流を感知し、それをたどって巨大な海底ドームを発見した。
 また一方、宇宙の一角にUFOの大編隊が集結しておりストレイカーは海底ドームと無関係ではないと考えフォスター大佐と共にドームの中へと潜入する。
すると驚いたことにドームの中にはシャドー司令部と全く同じ部屋があり、シャドー幹部とそっくりのサイボーグたちまで現われたのである。
宇宙人は、ここからムーンベースやスカイダイバーにニセの指令を出してUFOの大編隊を地球に無事送り込もうとしていたのだった。
 恐るべき陰謀を知ったストレイカーはスカイダイバーに海底ドームを爆破させると同時にすぐさまシャドー防衛組織を総動員させ、UFOを一機残さず撃墜したのだった。
035c9bcb.jpg
 ae58288f.jpg
 52d58810.jpg
 1219417c.jpg

 
原題:Reflection In The Water
制作順:23
イギリスでの放映順:24


【つっこみ】
 前回のエピソードとは打って変わって勧善懲悪(?)、お子様にも良くわかるストーリー展開でした。他では見れない司令官のウェットスーツ姿やニセモノ(に扮してる)などが登場して嬉し恥ずかしの私…。
アクションの場面のキレがイマイチなのはご愛嬌ということにしておきます。

しかし、宇宙人はいつ海底にあんな大掛かりなドームを作ったんでしょうかね?まあ、人類には考えられない高度の科学力を持っているそうなので、考えられないことができるのでしょう。(これってガッチャマンなどにも使われる矛盾回避の常套手段…)
 6cbe5a37.jpg
 03dbbf32.jpg
 87d19d3b.jpg


 ドームの中にニセのサイボーグがいたため尋問されるアンダーソン少尉。自白剤を打たれても白状できるわけ無いのに司令官たらむきになって何度もやらせるの。部下を信用できないのですか?なんていわれてしまいます。
ひ、非情ですわ。でもステキ。(ってこればっかり。すみません。)
 7b81db67.jpg
 fe182863.jpg

 UFOが集結している理由を分析しようとデータをコンピューターにかけるけど思ったように答えが出ないので指令官ったら「ひまし油でも飲ませておけ!」って言うの。ひまし油って何?
 アンハッピーエンドが多い「UFO」のなかで最後に大立ち回りをして(こういう言い方でOK?)悪いやつを全部やっつけちゃう桃太郎侍的エンディングもたまにはいいかぁ。でもちょっと脱力…。


 ジェリー・アンダーソン トリプルパック(DVD) ◆20%OFF!