ギルモア研究所。001がぷかぷか浮きながら009、006、007を迎えている。
18a2bb90.jpg
003がみんなにごちそうを運んできた。
さあ食べようというときにギルモア博士が誰かと話しているので、お客さんかと思って行ってみると「テレビ電話」で大学の同窓生だったヨゼフ博士と話しているのだった。
今は母国ガリラヤ国で科学者をしているという。ヨゼフ博士は誰かが王位を狙って建国記念の日に国王を暗殺しようとたくらんでいるらしいとのことだった。

その時、009たちの目(モニター)の前でヨゼフ博士は何者かに刺殺されてしまう。犯人は顔こそわからなかったが、腕にヘビの彫り物をしていた。
732a9bb0.jpg
事情はわからないがガラリヤ国へ行きたいという博士にみんなは二つ返事で引き受ける。

009たちは東京バレエ団の一員に扮して入国することになった。
それぞれの役を考えていたが、007が考えている間に入国審査が始まってしまい。苦し紛れに003の真似をして「バレリーナだ。」と言ってしまう。親衛隊隊長の前で踊れと言われて阿波踊りで誤魔化す007。
833a6fe6.jpg

だがその時、親衛隊隊長の腕にあのヘビの彫り物を見つける。
5370dd7d.jpg

外出禁止の中、009はヨゼフ博士の家を確めにホテルの外へ。
しかし、警戒の厳しい軍隊に見つかってあわててトラックに乗り逃げ出す。帰りの車の中で親衛隊長オネストは部下と王様の暗殺について話し合っていた。
なんと暗殺犯をバレエ団になすりつけようというのだった。
ネズミに変身してそれを聞いていた007は009と合流して作戦をたてることにする。
バレエ公演の当日、さっそく007は護衛に変装して王様を連れ出そうとするが失敗。
オーケストラのバイオリニストがバイオリンに仕込んだ銃で撃とうとしたのを踊っていた003が阻止する。e1896500.jpg

劇場から王様を連れて海上に待機していたギルモア博士の潜水艦までたどり着く009たち。しかし王様はまだオネストを信じて疑わない。
6767c41d.jpg

ガラリヤ国の軍隊が攻撃してきた。それでもまだ王様の目はさめなかった。そこで国内に残っていた006がオネストの本音を隠しマイクから009の元へ送るとやっとだまされていたことを理解したのだった。
eae56236.jpg
空へと飛び出した潜水艦で反撃に出た009たちは006の活躍もあり、勝利を収める。
潜水艦の上で手を振り国王らと別れる009たち。
「これで王様が目覚めてくれれば、ヨゼフくんの死も無駄ではなかったのだ。」ギルモア博士はそうつぶやいた。


【個人的感想など】
こういう会話がマンガ的で(マンガだけど)ほのぼのいい感じだわ。

009「(王様が)ここにいると知っていて攻撃してくると言ってもまだ目が覚めない。」
007「(王様を見て)え~、目ならあいているよ。」
003「その目じゃなくて心の目よ。」

◎今日のポイント??
潜水艦が空を飛んだのはどうやら001のチカラらしい。ギルモア博士の科学力ぢゃなかったんだ…。

※2018.11.18.修正