中央アメリカを行くジェロニモ(005)は銃弾の跡がある帽子を見つける。
すると怪しい一団が一台の幌馬車を襲っているのに出くわした。
005は馬車に一人乗っている男を助けに向かい彼を襲った山賊たちをやっつけた。しかし男は死んでしまう。
d0a19c64.jpg
が、その時男は005に自分は探検家のスナイダーで、一生をかけた探検の成果だという小さな箱を預けた。
「インカ帝国の宝の秘密が、ここにある。これを娘のキャサリンに渡してほしい。」

005はさっそくギルモア研究所の009に連絡して博士にインカ帝国のことを調べてほしいと告げた。
やがて娘のキャサリンが005のもとにやって来た。
父親のお墓参りをすると、そこで彼女は父親の遺志をついで「黄金宮殿」を探しに行きたいというのだった。

二人がスナイダーの遺した箱を開けてみるとふたの内側に地図があった。
するとまた山賊たちが性懲りもなくやってきて撃ち合いとなってしまう。さすがの005も一人では防戦一方になって、ついに家は放火されてキャサリンが連れ去られてしまう。
4f8e7b9f.jpg
005のSOSで009がヘリで駆けつけるが、すきを突かれてヘリはリモコン操作のロケット砲で爆破されてしまった。
ギルモア博士からインカ帝国についての説明が録音されているテープを聞く009たち。
でもこれは007が変身していたものでした。009についてくるなと言われたけれど、ついて来ちゃったというわけ。
92bb5fd4.jpg
次の朝、キャサリンの捜索に出発した3人をまた監視している山賊たち。
今度は野牛の群れに襲われる。車を破壊されて仕方なく徒歩で向かうことになる。
4904d1bc.jpg
やっと地図に書いてあった白い雪の山が見える。007が気球になって山越えを試みるが失敗。
005が崩した岩を足がかりに009が山の頂上に着くと山賊たちが待ち伏せをしていた。

2丁拳銃でカッコよく賊をやっつけた009はキャサリンを救出してインカの宮殿へと向かう。
e061dd7f.jpg
鍾乳洞のトンネルを抜けると滝がありその裏にまわると道が続いていた。
009たちはついにインカの宮殿にたどり着いたのだった。

だが、キャサリンの姿が見えない。

実はキャサリンというのは真っ赤な嘘でインカの秘密を守る王女ジザルバだったのだ。
a42171f2.jpg
秘密のありかを知った005たちから宝を守るために彼らをここに招き入れ、抹殺しようとしたのだった。
山賊と思っていたのはジザルパの部下たちだったのだ。
f58b8d24.jpg
目からレーザーを出す巨人ロボットに苦戦しながらも009たちは戦いに勝利。ロボットも王女も宮殿もろとも崩れ落ちていった。
591fc6c0.jpg

「インカの宝はパーか?」と007。
「本当のキャサリンさんに連絡をしてくれ。」と005に言いのこすと009たちは帰って行ったのだった。
38f01d00.jpg


【個人的感想など】
きゃ~。最後の009はカッコいいですね~
トレンチコートっていいましたっけ?
外国映画でよく見かけましたが、脚が長くないと似合いませんよ~(笑)

古い解説書に、009たちを襲うのは「インディアン」とでていましたが、舞台設定から言うと「インディオ」ですね。
作中で「山賊」と言っていたのでそれに従いました。
それにしても「インカ帝国」の設定がリアルです。一見してマチュピチュとわかる背景も出てきました。
国を滅ぼした連中に復讐すると言ったジザルバ王女に充分同情の余地がありました。



いつも拍手をありがとうございます。

>azarashiumiさん
いえいえ、全然すごくなんかないですよ~。古い雑誌を紹介する古い人間なだけです(笑)
あ、ちょっとだけミーハーですが・・。

※2018.11.18.修正