台風の夜。
客船で少年二人が何者かに銃撃された。
二人は海中に飛びこみ難をのがれたが、着の身着のままだった。

007が持っている張々湖の出前に手を出しそうになってとがめられた少年がいた。
例の二人だ。

二人の話を聞こうとする007の前でも襲われる二人。
c7037229.jpg

007は二人をギルモア研究所へと連れて来るのだった。二人は他国に留学中だったハトランド共和国の大統領の息子ゴーチェとその従者ロックということだった。
85ca73fe.jpg

聞けば、ハトランド共和国が世界中の国々と国交を断絶した2カ月前から身辺をねらわれ出したという。
父親の大統領は平和主義者で有名であり永世中立を宣言し戦争放棄をしていたのに、クーデターでも起こったのだろうか?
009は共和国の近くにいる004に連絡を取り内情を探らせた。

004は潜入に失敗し捕えられたものの獄中にたくさんの囚人がいることがわかった。
世界中を敵に回しても戦争を起こそうとする大統領に反対した者は皆、こうして牢に閉じ込められていたのだ。
004の報告にそんなはずはないと泣きながら怒るゴーチェ。

何か事情があるはずと、009たち(009、003、007、004、ゴーチェ、ロック)はハトランド共和国へと飛んだ。
共和国の民衆に混ざって大統領の好戦的な演説を聞くゴーチェ達。
dc591a42.jpg

「父は悪魔に魂を売ってしまった・・」
嘆き悲しむゴーチェを003が優しく励ますのだった。
8f6e70fd.jpg

だがゴーチェは考えがあると言って一人で飛びだして行ってしまう。
行き先は抵抗派のアジトだった。
ea1f24d0.jpg
そこでなんとゴーチェは官邸に時限爆弾を仕掛けて父である大統領を暗殺するという計画を立てていた。

一方、009たちは官邸に忍びこみ様子を探っているうちに、大統領が実はマスクを被ったルドルフという男であるということを突き止めた。
f2e58137.jpg

ルドルフは陰で死の商人と繋がっていたのだ。
009たちは親衛隊の攻撃をものともせずルドルフを倒すと、本物の大統領を救出した。7c8ccf4f.jpg

だが、そのことを知らないゴーチェはそのまま時限爆弾を仕掛けてしまう。
91abd84a.jpg

爆発まで後3分!その時003が時限爆弾の音をキャッチ。
6e4c88e8.jpg

官邸は爆破されたが、危機一発で大統領は助かった。
69feceb3.jpg

ハトランド共和国に平和が戻ったのだ。
e65f02f2.jpg


【個人的感想など】

ジョー(009)がいるというのにフランソワーズはゴーチェといい感じ・・?
傷ついたゴーチェをなぐさめている・・にしては近づきすぎのような気も・・。
4cc69d61.jpg

後ろで009は「言っておくがフランソワーズは第1世代。見かけよりうんと年上だぜ」な~んて思っているかも(笑)

そして今回大活躍なのがアルベルトさま。(電気ショックには弱いことが判明してしまいましたが・・)1a47c017.jpg

ただ今回マシンガンやマイクロミサイルは使わずに手の甲にあるレーザーナイフを多用していました。
顔がよく似ている市やん(佐武と市捕物控)みたいに牢の鍵や銃弾を居合い斬りしていました~



>2011.10.31 拍手をありがとうございました
只今、拍手の管理画面にコメントが反映されない不具合が出ています。
コメントはコメント欄へお願いします

※2018.11.19.修正