739abe68.jpg
ミサイルや大砲が発射されて軍艦が破壊される
・・と、これはアメリカ軍の演習だった。

だがその途中で操縦不可能となった原子力潜水艦シースネーク号が沈没。浮上できなくなってしまった。
報を受けたギルモア博士は研究所で008の歓迎会の途中だった009たちに出動を要請した。034e9c33.jpg
というのもシースネーク号には新型のホーミング魚雷と超大型特殊水爆が搭載されていたからだ。
006「そんなもん作るのが間違いのもとアルよ。」

しかしこの事態に対応できるのはサイボーグ戦士だけだと009は003、006、007、008達と共にドルフィン号で出動して行った。
009達が現場に到着すると出迎えの002にさっそく007が一言イヤミを・・
e52d387d.jpg
しかし、シースネーク号の乗組員たちは全員なぜか記憶を失ってはいたが救助されていた。
海軍は案内役にと志願したヘルマン中佐を捜査船に同乗させてきた。
009と中佐が握手をする時、中佐の腕時計がクローズアップされる。
710a8f4c.jpg

すると、003がヘンな波長をキャッチした。しかしそのまま捜索は続行。
25ae2d18.jpg
ところが沈んでいるはずの場所にシースネーク号はなく、どうやら無人のままリモコンで操作されて移動しているらしいのだ。
後を追う009達に怪獣やミサイル鮫、コバンザメ型の爆弾が次々襲いかかり行く手を妨害してくる。e9a4faf7.jpg
そしてついにシースネーク号からホーミング魚雷が発射されるが、008の活躍で阻止された。
その一連の様子を見て一人冷汗をかくヘルマン中佐を009は気づいていた。

ついに敵の基地を発見した009たちは海底にあるほら穴から島へと上陸。
この事件の元凶が一台の大型コンピューターである事を突き止めた。
440736b9.jpg
そして009の思った通り、ヘルマン中佐はその手下のスパイだったのだ。
人間よりも機械やコンピューターを崇拝していたのを利用されたのだった。

自在に操れる『腕時計』を009たちにもはめるように中佐に命令するコンピューター。0272738c.jpg
だが、009たちが戦う姿を見て中佐は自分を取り戻した。
人間の尊厳を取り戻したのだ。反旗を翻すヘルマン中佐。

応戦するコンピューターとロボット兵をやっつけるサイボーグ戦士たち。
戦いは009たちの勝利に終わったが、傷ついたヘルマン中佐は還らぬ人となった。71feca0b.jpg
「君のおかげで人間として死ねる」という言葉を遺して。

最後に009は002と共に水爆の起爆装置を外して脱出。
無事でよかった!という007に009はこう言った。
「そう。一人の勇敢な人間のおかげでね。」


【個人的感想など】
人類に不幸をもたらすものは、命を捨ててでも始末しなければならない。
それが僕たちの使命です。
5ec2edf5.jpg
↑ そんなかっこいいことをカッコよく言ってのけちゃう、009
教科書の端っこにこんな感じの似顔絵描いたよね~。

それにしても「原潜」だなんて小学生には難しかったんじゃないかって思うけど、あの頃の子供ってわりとそういう社会科的物事には敏感だったように思う。
原子力って便利かもしれないけど、なんとなく嫌悪感があるのはこういうマンガを見ていたからかなぁ?

それでもって出てくる怪獣が、ネス湖のネッシーみたいだったり
ca6e40cc.jpg

コバンザメ型の爆弾を外すのは”手動”だったり
13f63577.jpg
なんかまだヘーワ的な感じもするのであった(笑)



いつも拍手をありがとうございます<(_ _)>
コメントへのお返事は原則HNをつけさせていただきます。匿名希望の方はその旨コメントしてください

>12/05 拍手をありがとうございました
>12/17 拍手をありがとうございました

※2018.11.19.修正