え~、まず過去記事の訂正からです。

中学生の時、朝学校へ行く前に見ていた「サイボーグ009」の再放送の話です。
この時は前後半で15分ずつ見ていたと書きましたが、間違いでした。

すみません<(_ _)>

先日、ふと「15分なんて長い時間じゃなかった、10分かも」と思い当たって「ザ・テレビ欄」で調べてみたのです。
そしたらやっぱり10分でした。

0da44ed1.jpg


実質7~8分かな?
一つのお話を3分割で見たわけか~。
今じゃ考えられないわね。ケーブルTVでは何時間も”一挙放送”する時代だもん。


加速装置は使わなくても8時10分の始業時間には間に合ったわけだけど、どうしてそう感じたかというと、たぶん次の狼少年ケンの初めの方をちょっと見てから出掛けたのじゃないか?と推測されます。
ひとめ「片目のジャックさま」に会えたらラッキーと思っていたに違いありません。
恐るべきオンデンのミーハー魂だわ


9158e6c8.jpg
こちらがその「ザ・テレビ欄」


白黒のサイボーグ009は1968年の作品ですが、オンデンの心の中にはこうして70年代の思い出としても残っているんですよ~
だから「オンデン70's」ではあるけれど、エピソードガイドもやらせていただいているわけです

あの頃は録画とかできなかったから再放送が唯一昔好きだったテレビ番組に”会える”手段でした。
ビンボーな家の子もお金持ちの家の子もみんなその時間にテレビの前にかじりつくしかなかったわけですわね。

そんな時代でした。

今でもPCに向かいたいがために家事をするときには「加速装置」使っていますよ(もちろん気持ちだけですが・・)←要するに手抜き?(爆)


【送料無料】ザ・テレビ欄(0(1954-1974))

【送料無料】ザ・テレビ欄(0(1954-1974))
価格:1,200円(税込、送料別)

一家に一冊いかがですか?あの日の思い出がよみがえります(笑)



いつも拍手をありがとうございます<(_ _)>
コメントへのお返事は原則HNをつけさせていただきます。匿名希望の方はその旨コメントしてください

>01/29 00:52 strangelove2001さん
拍手をありがとうございました
この頃はもう自分はNHKから卒業していましたね
どうぞポチってください(笑)