今日は亡き父の初めての月命日でした。
特に何をするでもありませんが、毎日遺品の整理におわれています。

整理で大変なのは写真です。
父が生まれたころ(大正末期)からですから膨大です。
また、退職してからパソコンを始めたのでフロッピー、CD-ROM、DVDなどにこれまた膨大な量の動画と静画が残っています。
フロッピーはもう再生するハードがありません。
USBのFDDを買おうかとも思いましたが、一度見たらあとは使わないのでもう見ないで処分することにしました

私が小さいころに撮影されたフィルムの8ミリなどはCDかDVDになっていると思われるのですが、さて、どれに入っているでしょうか?


そうそう、戸籍謄本を取るために久しぶりに本籍地へ行ってきました。
そのお役所はなんと私が卒業した小学校に併設されているので久しぶりではありましたが、迷うことなくたどりつけてよかったです。

実は亡父が生まれたのは中国(・・といっても当時は植民地だったので両親はちゃんと日本人です)
なので戸籍など複雑ではないかと思って覚悟していきましたが、すんなりいただけました(ほっ)

でもちょっと興味深いのでメモしてしまいました

出生地:中国青島市
届出日:大正13年5月27日
届出人:父
送付を受けた日:大正13年7月13日
受理者:青島駐在総領事

青島にいたときはこんな感じ?
56e7b045.jpg


届出日から約2か月も何をしていたんでしょうね~
そののち大連や上海にも住んだらしいのですが、太平洋戦争が始まる前に帰国したので事なきを得たようです



いつも拍手をありがとうございます<(_ _)>
コメントへのお返事は原則HNをつけさせていただきます。匿名希望の方はその旨コメントしてください