玄関の靴箱の上にカラーボックスを二つ並べて置けることがわかった。
手前にはよく使うものを置いて奥には本をできるだけ詰め込むことにしました
(入れるときに「かまわねぇ、突っ込んじまえ!」・・と言ったとか言わないとか・・

2d96d4e8.jpg


重さに弱いはずの棚板が撓(たわ)んでいないのは上までギュッと詰めてあるから
ちなみにこの緑色のカラーボックスは1977年に一人暮らしを始めた時からのお付き合いです(古っ)

100余冊あった世界&日本文学全集は近所の図書館へ持っていきました
寄贈したわけではなく「リサイクル文庫」へ出しました
古本屋さんは値がつかなくて引き取ってもらえませんでした
みなさん、買うなら売れる本を買いましょうね(違っ)

亡父が読んでいる途中&積ん読だったものはお世話になった病院へ寄贈しました
これは売れば売れそうなものでしたが、気持ち的に売れませんでした
主に太平洋戦争関係の本でしたので入院しているおじいさんやおばあさんに(もちろん、若い方にも!)読んでいただけたらと思ってのことです

さて、上の写真はブログに出そうと写したのではありません。
この前にもう一つカラーボックスを置くと見えなくなるのでこれをメモリーカードに入れておいてあの本はどこ?という時に見ようというわけです

それでは皆様、良いお年を