ちょっと題名とは違うお話です。すみません。

Kちゃんは『余命を告げられたコンドルのジョーがその病気を抱えながらも宿敵ベルク・カッツェをやっつけるまでは死ねといわれても死なないぞ!と闘志を燃やす・・』というお話を書こうと思っていました。
でもそういうお話はフィク作家の皆さんが好む題材なのであんまりお話が被ってしまっても行けないいけないなぁと思い、作家さんが作品をアップしているそれぞれのブログを順番に検索してみました。

どんな検索ワードを使ったかは内緒です。でも、上記のようなお話が引っかかるのではないかな?という単語にしました。
そうしたら驚いたことに一人の作家Mさんが、その検索ワードについて的外れも甚だしいカン違いをして自分のブログやツイッターで「〇ちゃん(匿名だったけどIPアドレスがわかるようになっていました)が酷いことを書いた」というような内容を世界中に(←大げさだけど、間違ってはいない)発信したのです。

びっくりしたのはKちゃんだけではありません。
Mさんを応援している皆さんがびっくりして心配しました。

だってそれはKちゃんが酷いことを書いたのではなくて、Mさんがそういう単語を使って自分のブログを書いていたから検索されただけのことだったからです。
そういう言葉を書いていなければ検索にはかかりませんからね。

つまりその言葉を書いたのはKちゃんではなくMさん自身であったわけです。

でもMさんも聡明な人です。
2日半くらい考えて間違っていたことがわかったようで、今はもう何事もなかったように普段通りの暮らしをしています。

かわいそうなのはMさんが勘違いをして書いたものを鵜呑みにしてしまった周囲の人です。
Kちゃんは検索をしただけで書いたわけではないという簡単なカラクリにどうして気づかなかったのでしょうか?
Kちゃんは酷いことを書く人だと思って、落ち込んでいるMさんを心配して慰めたり励ましたりしました。

いま、Mさんがあっという間に元気を取り戻したことを不思議に思っていることでしょう。

MさんはあるところでKちゃんには恩があると言っていたのにその恩をあだで返すような形になってしまったことを悔やんでいると思います。

やさしい読者の皆さん、Mさんを慰めるのは今かも知れません。


【追記】(1/15)
拍手をありがとうございました
非公開コメントでしたが、ご了解をいただいたのでお返事だけ・・

>題名
あぅ~、すみません。
そういう題名のお話を書こうとしていたのになんか違う事件(?)に巻き込まれちゃったので、今回は見送りです(汗)

>IPアドレス
えぇ、どうしようかと思っていたらいつの間にかそちらも匿名に直されていました(被害らしい被害は今のところないのでご安心ください)
でも記事を削除されるおつもりはないみたい。コメントをいただいているからできないのかと思います
ツイッターの方は削除されていました。
ただ誤解を与えたつぶやきは今のところまだそのままです。
みなさんがこちらを読んでくださり誤解をされた上でのつぶやきとわかっていただけたのでそれでもまぁいいかと・・

逆の立場だったらと考えると振り上げてしまったこぶしをどう降ろせばよいのかわからないし、同調してくれた相手に対して恥ずかしいし、穴があったら入りたい心境になってしまうでしょうね。
しばらくは表面に出てこれないかもです



【追記】(1/16)
拍手をありがとうございました
非公開コメントでしたが、少しだけお返事をいたします

>ほかのブロガーさん・・検索・・
あー、そうか!
そう言えば他のブログではあんなに詳しく解析されませんよね。
だから他の方は気づかなかったのね。
確かにあれが元凶のような気がします。
Mさん、おやめになるのなら、ツイッターや別のブログではなくて当該ブログの詳し過ぎる「アクセス解析」を外せばもう見れないのでそれでよかったのではないかなー?
または詳しい解析がないブログへお引越しされるとか・・
やっていて楽しくなければなりませんからね、あーいうものは。
人様のブログのことなので余計な話ですが・・

ついでにこれも余計な話ですが、あのブログには実生活のお話は書かれないほうが良いと思っています。
かっこいい『あの方』の活躍を書かれているブログが台なしです(涙)

>訂正
そうですね。Kちゃんはそう思っていると思います。
思い込みや誤解は誰にでもあるので素直にそう言って間違いを直せばそれでよかったのではないかしら。
でもご自分ではまだ納得されていないようなので仕方ありません。
もう少し時間が必要でしょう。

>ツイッターも
本当にもったいないですね。
黒歴史クリーナーでつぶやき全削除して垢だけでも残しておけばよかったのに。
でも、診断メーカーを1つ置き去りにされていったのでまたお戻りになるのでは?

>(Kちゃん)は大丈夫?
残念ながらストレスによる神経性胃炎が再発し、胃液が喉まで上がってきてヒリヒリしているため食道がんのリスクがちょっとだけ高まってしまったようです(爆)
あとは2.22のために書こうとしていた表題のお話は書くのをやめたということです

ま、もう『私には関係ないこと』ということですね