歌を聴いてそのころ付き合っていた人を思いだすというのはよくあるけど、この曲もそんな一曲。