『DAVID BOWIE is  デヴィッド・ボウイ大回顧展』へ行ってきました。
DAVID BOWIE is_20170217 (2)
この展覧会があると知ってから「寒いかもしれないけれど行くのは2月」と決めていたのですがなかなか日時を決められないでいました。
そして2月のカレンダーとにらめっこしたら17日(金)しかないと結論が出たので15日に整体院と銀行へ行ったついでにセブンイレブンへ寄って前売り券を買って来ました。
まったく28日もあるのに昼間に4時間半ほど連続した空き時間が作れる日がたった一日とは情けない・・。
でもあってよかった
そしてなんと春一番が吹く暖かい陽気に恵まれました

実は会場の最寄り駅「天王洲アイル」って初めてなんですよ。
でもよく検索したら自宅の最寄駅から一回乗り換えで東京モノレールのほうの天王洲アイルへ行けるとわかったので出かけました。
モノレールも初めてかと思ったら大学生の時に福岡へ一人旅した時スカイメイトで行ったので浜松町から利用していたことを思いだしました。
それにしても久しぶりすぎるわ。
りんかい線の方だとステッカーをもらえる企画があったらしいのですが、こちらはいたって静か(^_^;
駅から案内の矢印があるかなと思っていましたが、階段を下りてやっとボウイさまのタテカン(?)に会えてホッとしました。
ストリートビューでチェックしたもののこっちかな?と少し道に迷いながら進むと向こうのほうにボウイさまがちらっと見えて安心しました。
DAVID BOWIE is_20170217 (3)
私が開場前に着くのと同時に団体さま御一行がバスから降りてきました。
何かのツアーだったのでしょうか?
それもあってか会場内は予想以上に混んでいました。

お客さんは白髪のおじさまから高校生かな(←受験が終わった?)と思うような若い女の子までいろいろ。
LGBTさんかな?と思うようなカップルまでいて流石ボウイさまの展覧会だなと納得したり^^
亡くなって・・いや、宇宙へお帰りになってからも影響力は大きいです。
DAVID BOWIE is_20170217 (4)
入り口でヘッドフォンを渡され入場。
展示品の近くへ寄っていくとそれに合った音声が聞こえてくるという仕組みです。
でも場内が思ったより暗くて展示の説明文が文字そのものも小さくてよく読めませんでした。
シッカリ読みたいとその場に留まっていると次の人に押されてしまうし・・
それがとても残念でした。
代わりに衣装や映像はたっぷり楽しんできましたけれどね。
衣装デザインやステージ・セットのスケッチが細部にわたっていてボウイさまのこだわりを感じました
そう言えばアイパッチの展示がなかったな。小さいので見逃しちゃったかしら?
それともやっぱ小さいものだからどこかにやっちゃったのかなー
DAVID BOWIE is_20170217 (6)
ツイッター情報でメッセージボードがありマジックペンを持参すると自由に書きこめるとあったのでさっそく実行。
何を書いたかは内緒

さて、2時間ほどで会場を後にすると今日の二つめのミッション。
この会場になっているG1ビルのお隣りにあるというG2ビルの捜索です。
と、そこにジャガーが!(笑)
DAVID BOWIE is_20170217 (8)
ボウイ展仕様にラッピングされたジャガーF-TYPEということです。

ちなみにG1ビルにはこんな案内板がありました。
DAVID BOWIE is_20170217 (5)
でもG2ビルには何もありません
中に入ってみても何もなくてこれ以上うろうろしていると不審者扱いになりそうだったので入り口近くにあったトイレをお借りして帰ってきました。
DAVID BOWIE is_20170217 (7)
ボウイ展よりこちらの方を期待されていた方、ごめんなさい<(_ _)>



【蛇足】
ブランチの後片付けは帰ってきてからでもいいかと思っていたら珍しくフミさんが「私がやっておこうか?」といいだしました。
気持ちはあり難いのですが、目が悪いので汚れをちゃんと落とせないしめまいが酷いので何かあったら嫌なので丁寧にお断りして大急ぎで食器洗いをしました。
おかげで直前に確かめてから出かけようと思っていた交通情報をネットで見る時間がありませんでした。
風が強かったのでそれが心配で不安の中、家を出ることになってしまいました。
結果はなんでもなかったのですが、出がけに嫌な思いをしてしまい会場に着くまでちょっと引きずってしまいました。


※2017/02/19 更新