左胸(正確には脇の下)があまりにも痛いので帯状疱疹かと思ってかかりつけの内科の先生に行ったのが運のつきでした(爆)

帯状疱疹でも肋骨の骨折でもなく、もちろんリンパも腫れていません(ぐりぐり無し)でした。でも痛みが長引くので婦人科(乳腺&乳がん)も検査してくださいといわれてしまいました。
がんで痛かったら末期じゃんねぇ・・。

婦人科へ行くとこれまた脇の方は触診だけで「じきに治る」と(3カ月以上になるんですけど・・)
それよりもなぜか骨密度の測定をされて不合格!(爆)
91歳の骨だそうです

すぐに骨密度の精密検査をするように大きな病院を紹介されてしまいました(紹介状ってお金かかるんだよね)
そして乳がんの検査もマンモグラフィーだけまた別の病院へ行くことに。

大病で入院とかじゃないのが救いですが検査ばかりでお財布がちょう軽~~くなりました。

で、病院へ行くというとやはり親は心配します。
そこで記憶があいまいなのを利用して「『いつもの』定期健診」ということにしてあります(苦笑)


※10月8日更新