ジャック・ワイルド

2011年02月28日

ジャック・ワイルド

明日3月1日はイギリスのミュージカル俳優ジャック・ワイルドの命日です。
-ジャック・ワイルド(Jack Wild、1952年9月30日 - 2006年3月1日)-

早いもので亡くなったのはもう5年も前の出来事だ。
気が付くと、オンデンはジャックが亡くなった歳に追いついてしまった。

2c71d816.jpg


私がイギリス贔屓になったのはビートルズのせいでも謎の円盤UFOのせいでもなく彼のせいであることは間違いない。

毎年ジャックの命日には記事を綴ってきたのにブログ引っ越しのどさくさでいくつか消えてしまったのが何とも口惜しい。
貴重なレスをしてくださったのに、それも消えてしまいました

今年もいろいろネット徘徊をしてみたら、新しくファンサイトを見つけた。
ウェルカムと書いてある(←これくらいならわかる)が英語はよくわからないので勝手にリンクさせてもらうことにした。
クレームは日本語でお願いします(こらこらっ)

Welcome to the Jack Wild Fan Site!
Welcome to the Jack Wild Fan Site!!

↑「!」が1つと2つのサイトがあります。
同じようで違うが似ている・・(??)をいをい。

ジャックが出演した映画は「小さな恋のメロディ」と「オリバー!」が有名ですが、他にもオンデンが覚えているのが「小さな冒険者」と「怪獣島の大冒険」と「ハメルンの笛吹き」です。
最後だと思っていた「ロビンフッド」は最後から3番目でした。


映画だけをちょいと整理・・

・Poor Cow (1967)
・Danny the Dragon (1967)
・Oliver! (1968) 「オリバー!」
・Pufnstuf (1970) 「怪獣島の大冒険」・・ママ・キャスと共演
・Melody (1971) 「小さな恋のメロディ」
・Flight of the Doves (1971) 「小さな冒険者」(ユーチューブに動画あり)ギブミー字幕
・Caterpiller Taxis (1972)
・The Pied Piper (1972) 「ハメルンの笛吹き」・・ドノバンと共演(ユーチューブに動画あり)ギブミー字幕
・The 14 (1973) 「別れのクリスマス」←これ見たいです
・Keep It Up Downstairs (1976)
・Alice (1981)
・Robin Hood: Prince Of Thieves (1991) 「ロビンフッド」・・ケビン・コスナー主演
・Basil (1998)
・Moussaka & Chips (2005)

これらの映画に関して情報をお持ちの方はオンデンまでご連絡ください!



ライブドア拍手の復活に伴い、いままで使っていたweb拍手は終了しました。
メッセージについては今まで通り原則HN公開でお返事させていただきます。
匿名希望の場合はHNを記入しないかその旨メッセージに入れてください。
もちろんコメントの内容は非公開です。内緒のコメントも送れます。
ブログを書く励みになるのでこれからも拍手してね~
よろしくお願いします<(_ _)>




gawyko at 00:10|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2007年03月01日

一年前の今日

69c1abba.jpg

2006年3月1日、ジャック・ワイルドは口腔癌のため亡くなりました。オンデンがイギリス大好き人間になるきっかけをくれた人です。今日は彼の命日です。

 ad91584b.jpg

訃報を伝える記事に使われた写真は来日した時のものと思われる。とすれば上の写真が撮られてから間もなくだ。

62e45bb1.jpg

f3bbef45.jpg

LPとその中に入っていたポスター。宝物。

d532f74c.jpg

パッフンスタッフ
ではママス・アンド・パパスのママキャスらと競演。

歌って、踊れて、演技も出来る。そのうえカワイイ。文句なーし!

837005bd.jpg
 4a0f85ba.jpg


「小さな恋のメロディー」
は今でもお気にり入の映画。

241ac71d.jpg
 070301-5

 0127bad6.jpg
 img055e76b3zik9zjクリックしてね

小さな恋のメロディ(DVD) ◆20%OFF!


続きを読む

gawyko at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月16日

素敵なメロディ

1970年の中学生。
音楽はラジオかレコードで聞くものと決まっていた。


映画にも音楽は付いてたけどサントラ(サウンド・トラック)といって、ストーリーを盛り上げるための「脇役」的なものだった。

でも、オンデンがジャック・ワイルドと運命の出会い(?)をした
   映画「小さな恋のメロディ」のサントラは素晴らしかった。


ダニー(マーク・レスター)とメロディ(トレーシー・ハイド)がデートするときの場面で流れる

   ビージーズの「若葉のころ(First of May)」

そのままヴィデオ・クリップにしてもMTV大賞ものですよ。
            映像も音楽も美しすぎ。



あと、個人的に好きだったのは

クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(CSN&Y)の

       「Teach Your Children」


最後のヤングというのはあの恐いおじさんの

      ニール・ヤングですよ~!!

 

小さな恋のメロディ(DVD) ◆20%OFF!
続きを読む

gawyko at 15:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月12日

小さな恋のジャック

1970年の中学生。
都会へ出かける時はまだまだ親と一緒でした。
で、都会に出て映画を見た。
「小さな恋のメロディ」


衝撃!?のパブリック・スクール

こんな学校があったんだ。カルチャー・ショックのストレート・パンチをまともに受けたオンデンでした。

外国といえばイコール「アメリカ」だったのは12歳まで。

13歳(サーティーン)からはなんてたって「イギリス」になった分岐点です。

そして、ここでもまたオンデンは    
「主人公ではない」
「ちょっと不良っぽい」
「ややヒネクレ者」

オーンショー(ジャック・ワイルド)に小さな恋をしたのでした。                

dc66a2e6.jpg

昨年、ジャックは癌で亡くなりました。ご冥福をお祈り申し上げます。
続きを読む

gawyko at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)