があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

があわいこの気ままな生活 イメージ画像

謎の円盤UFO/エピガイ

 シャドーの防衛網をかいくぐって地球に降りたったUFOは、秘書のリンダ、銀行員のクラーク、建築技師のメイソンを次々と洗脳し「人間爆弾」に仕立てた。クラークがストレイカー司令官を襲い、残していった最後通告の手紙にあるとおりにフェアフィールドの追跡ステーション、
『第16話 「人間爆弾」』の画像

 コリンズ大佐が乗った調査宇宙船534号が地球に帰還する途中原因不明の事故を起こして消息を絶った。同じ頃、UFOの攻撃を受けたシド(SID)が機能停止となる。それから8週間。シドの修理交換にとりかかるシャドーにコリンズ大佐が帰ってきた。 殉死したと思われていたが、ジ
『第15話 「人間ロボット殺人計画」』の画像

 UFOが接近し、ムーンベースのインターセプターは迎撃体制に入った。が、なぜかストレイカー司令官は攻撃中止命令を出した。UFOの着陸予想地点がイギリス南部の森林地帯だとわかったので、わざと着陸させて無傷で捕獲しようというのだ。UFOの正体を見極め戦いを有利に持ち込
『第14話 「UFO攻撃中止命令」』の画像

 シャドーの幹部、ローパー大尉は何者かに妻のキャロルを殺すと脅かされてコンピューター衛星シドにプログラミングするためのデータらしき数値を教えてしまった。が、フリーマン大佐に目撃されて逮捕される。 ところが、肝心の数値が意味するものは、ローパーにもわからな
『第13話 「UFO月面破壊作戦」』の画像

 一ヶ月に一度の総合点検のためフリーマン大佐がムーン・ベースを訪れていた時、UFOが現われた。が、インターセプターの迎撃は失敗に終わり3機のうち一機を失った。ストレイカー司令官はただちに任務に当たったエリス中尉、ブラッドレイ大尉、ウォーターマン大尉を本部に呼
『第12話 「宇宙人捕虜第2号」』の画像

↑このページのトップヘ