があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

があわいこの気ままな生活 イメージ画像

009(1968年版)エピガイ

006が経営する張々湖飯店でアルバイトをしている橘隼人はどうしてもチベットへ行くという。その理由は第二次世界大戦で軍の秘密命令を受けチベットへ向かったまま行方不明になってしまった父親の生死を確かめたいからというものだった。隼人はガイドのチンと途中で知り合った
『サイボーグ009 第21話 『幻の騎馬軍団』』の画像

アフリカ大陸。008の家族や仲間をを襲った人食いライオンを退治するため008、003、007、009がジープに乗ってライオンを探していた。そしてついに008はライオンを仕留めた。その帰り道。黒人の人種差別に反対する革命派の人々を捕まえて収容している刑務所
『サイボーグ009 第20話 『果てしなき逃亡』』の画像

ミサイルや大砲が発射されて軍艦が破壊される・・と、これはアメリカ軍の演習だった。だがその途中で操縦不可能となった原子力潜水艦シースネーク号が沈没。浮上できなくなってしまった。報を受けたギルモア博士は研究所で008の歓迎会の途中だった009たちに出動を要請した。
『サイボーグ009 第19話 『恐怖の原潜シースネーク号』』の画像

台風の夜。客船で少年二人が何者かに銃撃された。二人は海中に飛びこみ難をのがれたが、着の身着のままだった。007が持っている張々湖の出前に手を出しそうになってとがめられた少年がいた。例の二人だ。二人の話を聞こうとする007の前でも襲われる二人。007は二人をギルモア
『サイボーグ009 第18話 『わが父は悪魔の使徒』』の画像

夜。ヨットハーバーに一台のモーターボートが近づいてくる。そのヨットの中では戦争で武器を売買して金を儲けようとする"死の商人"と呼ばれる連中の秘密の会合が行われていた。"死の商人"たちに自らが開発した音波砲を売りつけようとしている男はドクロの面を付け、ゴースト
『サイボーグ009 第17話 『幽霊(ゴースト)同盟』』の画像

↑このページのトップヘ