があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

があわいこの気ままな生活 イメージ画像

009(1968年版)エピガイ

宇宙から3つの隕石のようなものが地球へ落ちてきた。一つは怪しい触手をもった金色の大木、もう一つは子どものライオン。そして最後は金色のライオンだった。アフリカはキリマンジャロの近く。008は009たちを空港まで迎えに行く途中でアメリカの最新型ジェット機が姿を消
『サイボーグ009 第11話 『黄金のライオン』』の画像

中央アメリカを行くジェロニモ(005)は銃弾の跡がある帽子を見つける。すると怪しい一団が一台の幌馬車を襲っているのに出くわした。005は馬車に一人乗っている男を助けに向かい彼を襲った山賊たちをやっつけた。しかし男は死んでしまう。が、その時男は005に自分
『サイボーグ009 第10話 『地底の黄金宮殿』』の画像

夜。車に乗った母娘やビルの警備員、ホームレスなどが次々に怪物に襲われた。タンクローリー車も襲われ、009が駆け付けると、怪物は逃げた後だった。人間の顔にゴリラのような牙と体を持つ怪物が、夜の街を暴れまわっているのだ。ギルモア研究所では001が怪物の出現場
『サイボーグ009 第9話 『悪魔は夜歩く』』の画像

嵐の山小屋でおじいさんが幽霊の話を始める。そのとき小屋の戸がノックされて居合わせた009、003、007や他のお客もびっくり。009がドアを開けると長い髪の少女が倒れこんできた。気が付いた少女は金色の眼をしていた。「幽霊だ。外へ出せ!」という声に009は世の中にはいろん
『サイボーグ009 第8話 『金色の眼の少女』』の画像

男の子が一人で「科学技術庁」の「原子力局」へやってくる。職員の制止を振り切ると原子力センターの見取り図を持ち去ろうとする。警察官も駆け付けたが、相手が子供なので銃で撃つことができない。男の子は放電能力を持ったサイボーグだったのだ。しかし、エネルギーを使い
『サイボーグ009 第7話 『消えたスクールバス』』の画像

↑このページのトップヘ