があわいこの気ままな生活

オンデン70’sの過去記事は全てこちらに引っ越してきました

カテゴリ: お出かけ

写真家、デヴィッド・ベイリーの日本初となる展覧会『Bailey’s Icons』が原宿のPaul Smith SPACE GALLERYで、3月25日(土)から開催されているとの情報を得て行ってまいりました。

最寄駅が「表参道」ということだったのでそこから歩くことにしました。
2017_04_23 (2)
表参道駅に着いてびっくりしたのは銀座線の駅のナンバーがなんと「G2
わかる方にはわかる一部のお友達のために一枚ですが撮ってきました(笑)

ギャラリーは3階。
こんなことでもない限り決して入ることがないお店でちょっと緊張気味なオバちゃん約一名( ̄Д ̄;)
日曜日の原宿、昼下がりだというのにギャラリーには私一人なんだもん・・
2017_04_23 (4)

気になったポートレートは
ジャック・ニコルソン
ジョニー・ディップ(1995)
ジョージ・マイケルとエルトン・ジョン(1985)
U2(1985)
クイーン(1985)
デヴィッド・ボウイ(1985)
アリス・クーパー(1973)
ミック・ジャガー(1964)
ジョン・レノンとポール・マッカートニー(1965)
お値段はどれも20,000USD

もちろん「見るだけ」で文字だけのフライヤーをいただいて帰ろうかと2階まで降りると
茶髪の若いお兄さん(店員)が「印象に残った写真はありましたかぁ?」とフレンドリーに話しかけてきました。
思わず「ビートルズが好きなのでやっぱりジョンとポールかな」と答えると
なんと「小さいけどフライヤーがありますのでお持ち下さい」といって
このカードをくださいました
2017_04_23 (18)
きゃあ~~っ
ありがとうございます!
一生ついていきます←迷惑です

U2やクイーンも大ファンなんですよ~とか言えばよかったかな(こぅらっ!)

そういうわけでルンルンしながら(死語)次の目的地、NHKホールへと歩いて行ったのでした。


※4月24日13:30更新

『DAVID BOWIE is  デヴィッド・ボウイ大回顧展』へ行ってきました。
DAVID BOWIE is_20170217 (2)
この展覧会があると知ってから「寒いかもしれないけれど行くのは2月」と決めていたのですがなかなか日時を決められないでいました。
そして2月のカレンダーとにらめっこしたら17日(金)しかないと結論が出たので15日に整体院と銀行へ行ったついでにセブンイレブンへ寄って前売り券を買って来ました。
まったく28日もあるのに昼間に4時間半ほど連続した空き時間が作れる日がたった一日とは情けない・・。
でもあってよかった
そしてなんと春一番が吹く暖かい陽気に恵まれました

実は会場の最寄り駅「天王洲アイル」って初めてなんですよ。
でもよく検索したら自宅の最寄駅から一回乗り換えで東京モノレールのほうの天王洲アイルへ行けるとわかったので出かけました。
モノレールも初めてかと思ったら大学生の時に福岡へ一人旅した時スカイメイトで行ったので浜松町から利用していたことを思いだしました。
それにしても久しぶりすぎるわ。
りんかい線の方だとステッカーをもらえる企画があったらしいのですが、こちらはいたって静か(^_^;
駅から案内の矢印があるかなと思っていましたが、階段を下りてやっとボウイさまのタテカン(?)に会えてホッとしました。
ストリートビューでチェックしたもののこっちかな?と少し道に迷いながら進むと向こうのほうにボウイさまがちらっと見えて安心しました。
DAVID BOWIE is_20170217 (3)
私が開場前に着くのと同時に団体さま御一行がバスから降りてきました。
何かのツアーだったのでしょうか?
それもあってか会場内は予想以上に混んでいました。

お客さんは白髪のおじさまから高校生かな(←受験が終わった?)と思うような若い女の子までいろいろ。
LGBTさんかな?と思うようなカップルまでいて流石ボウイさまの展覧会だなと納得したり^^
亡くなって・・いや、宇宙へお帰りになってからも影響力は大きいです。
DAVID BOWIE is_20170217 (4)
入り口でヘッドフォンを渡され入場。
展示品の近くへ寄っていくとそれに合った音声が聞こえてくるという仕組みです。
でも場内が思ったより暗くて展示の説明文が文字そのものも小さくてよく読めませんでした。
シッカリ読みたいとその場に留まっていると次の人に押されてしまうし・・
それがとても残念でした。
代わりに衣装や映像はたっぷり楽しんできましたけれどね。
衣装デザインやステージ・セットのスケッチが細部にわたっていてボウイさまのこだわりを感じました
そう言えばアイパッチの展示がなかったな。小さいので見逃しちゃったかしら?
それともやっぱ小さいものだからどこかにやっちゃったのかなー
DAVID BOWIE is_20170217 (6)
ツイッター情報でメッセージボードがありマジックペンを持参すると自由に書きこめるとあったのでさっそく実行。
何を書いたかは内緒

さて、2時間ほどで会場を後にすると今日の二つめのミッション。
この会場になっているG1ビルのお隣りにあるというG2ビルの捜索です。
と、そこにジャガーが!(笑)
DAVID BOWIE is_20170217 (8)
ボウイ展仕様にラッピングされたジャガーF-TYPEということです。

ちなみにG1ビルにはこんな案内板がありました。
DAVID BOWIE is_20170217 (5)
でもG2ビルには何もありません
中に入ってみても何もなくてこれ以上うろうろしていると不審者扱いになりそうだったので入り口近くにあったトイレをお借りして帰ってきました。
DAVID BOWIE is_20170217 (7)
ボウイ展よりこちらの方を期待されていた方、ごめんなさい<(_ _)>



【蛇足】
ブランチの後片付けは帰ってきてからでもいいかと思っていたら珍しくフミさんが「私がやっておこうか?」といいだしました。
気持ちはあり難いのですが、目が悪いので汚れをちゃんと落とせないしめまいが酷いので何かあったら嫌なので丁寧にお断りして大急ぎで食器洗いをしました。
おかげで直前に確かめてから出かけようと思っていた交通情報をネットで見る時間がありませんでした。
風が強かったのでそれが心配で不安の中、家を出ることになってしまいました。
結果はなんでもなかったのですが、出がけに嫌な思いをしてしまい会場に着くまでちょっと引きずってしまいました。


※2017/02/19 更新

今日は横浜美術館で「篠山紀信展 写真力」を観てきました。
写真力 (5)入場券とフライヤー

今週末にはチューリップの横浜公演があるので本当は先週行きたかったのですが、休館日がお医者さんと同じ木曜日だったので予定を調整したら今日になってしまいました。

写真力 (1)

写真力 (2)

以前は日ノ出町から延々と歩いたこともありましたが今日は最寄りの駅「みなとみらい」まで電車で行きました。
この前来たときは工事中だったビルが当然ですがちゃんとできていてかえって迷いそうになりました(~_~;)

何枚もあるかな~?と期待していたジョン・レノンの写真は(たぶんニューヨークの自宅で)ピアノを弾いているものだけでしたけど、大きなパネルに引き延ばされた迫力ある沢山の写真は「真(まこと)を写している」にもかかわらず現実ではない夢のような世界を感じさせてくれました。

また同時開催されていた「横浜美術館コレクション展 2016年度第3期」も観てきました。
知らないのに懐かしい感じがする戦前の銀座の写真など時間をかけてじっくり鑑賞してきました~。

そんなわけでジョンが亡くなる直前にニューヨークで紀信さんが録った写真がいくつか載っている雑誌を持っていたのを思いだしました
写真力 (6)
付録に今回の展覧会のフライヤーにもなっている二人がキスしている写真のミニポスターが付いています

【蛇足】
今日の一日中頭から離れない曲は吉田拓郎の「シンシア」

以前も触れたと思いますが、
ジョンと紀信さんは「シンシアつながり」なんですよ。
ジョンの最初の奥様がシンシア・レノン。紀信さんの奥様は南沙織さんで彼女の愛称がシンシアでした。


展覧会の動画がありましたので続きに貼っておきます

続きを読む

itsasony

ムーミンソニーを見に銀座へ行ってきました。

最寄りの駅から銀座方面へは一本で行かれるので便利なのですが、駅についたとたんに品川から先の電車が止まっているとのアナウンスが!
仕方ないので横浜駅から先はJRで新橋へ出てそこから歩くことにしました。
大昔の東京っ子のカン(?)でなんとか四丁目の交差点にたどり着きました(苦笑)

まず、銀座松屋で『ムーミン絵本の世界展』
2016_12_05 (41)
2016_12_05 (40)
今回はリトルミィが主役のようです。
原画と彩色された絵本を比べて観て参りました~♪

彩色はPCで描画ソフトを使って描かれているようです。ムーミンの特徴ある丸みを何度も修正しながら描いていました。
迷いのない線で描かれているトーベさんの原画はやはりすごいなぁと改めて思いました。
2016_12_05 (38)

2016_12_05 (2)
リトルミィのきょうだい達・・つまりミムラ夫人の17人のむすめたちの画がかわいくて絵葉書を買おうと思っていたのですが、無かったのでお土産は無し!残念・・。
ミムラ夫人はスナフキンのお母様でもあるので私にとっては義母さまなんですね~(はぁ?)
画を見るだけでも緊張します(笑)

さて次は新橋駅のほうへ戻る形でソニービルへ。
It's a Sony展を見てきました。
元東京っ子ですから迷いません。ここには何度もビートルズのポスターを買いに来ましたからね。
2016_12_05 (39)
ビルの1階から4階で開催中で上へ行くほど年代が上がる・・つまり現在に近くなるというのでエレベーターで4階まで上がって階段を下りながら見ていくことにしました。
お楽しみ(古い年代)は後から・・いうわけです。

アイボとかプレステはさっさと済ませて(おい)
ウオークマン、ラジカセ、トランジスタラジオ、オープンリールテープレコーダーなどを中心にじっくり見てきました\(^o^)/
2016_12_05 (34)
みんな懐かしいものでしたが、実際に使っていたものとはちょっとだけ型が違っていて残念。
引っ越しのたびにみんな処分してきてしまいましたからねー。
とっておいたら並べてもらえたのになぁ←イイエ
同じものをまだ持っているのはカセットテープくらいかな。
2016_12_05 (17)
ベータや8ミリビデオももうないですからね。
ついこの前のものなのにフロッピーディスクさえもう懐かしい・・(^_^;

そうそう!
ブラウン管テレビの後ろ側ってこんなにありましたっけ!
2016_12_05 (12)
これもついこの前までのことなのに、馴れって怖いですね~~(´∀`*)

あと、百恵ちゃんとマイコー・ジャクソンが同じソニーだったんだ。
まだまだソニーのアーティストはいっぱいいるけどさ(笑)
2016_12_05 (33)
横浜へ出るきっかけの一つになった音楽番組もソニーの一社提供だったな(ソニーミュージックTV)と思いだした次第です。

帰りはもう電車は平常運転ということでしたので一本で家路につきました。



【おまけ】




※たくさん展示品を撮ってきたのでせっかくですから続きに写真を貼っておきます



続きを読む

2016_09_02

7月28日に続いてまたもや川崎市市民ミュージアムへ行ってきました。

「描く!」マンガ展~が一部展示替えということでリピートしたわけです。
先日の入場券の半券を持っていったので半額で入場できました♪
2016_09_02 (1)

撮り忘れていたりぼんの付録も今日はバッチリ
2016_09_02 (2)

この前は使っている人がいて試せなかった「コミPo!」というソフト。今回は空いていたのでちょっといじってみたら面白すぎて長時間遊んでしまいました。
欲しいなぁ!でもお高いだろうなぁと思って
公式ホムペへ行ってみたら無料体験版があるようなので時間を見つけてDLしてみようと思います。

さて、どちらかというと今日のメインは「昔のくらしと道具 2016」
2016_09_02 (3)
懐かしい茶の間
足踏みミシンとか黒電話。若い人は使えないよね。

2016_09_02 (4)
一番手前のアイロンは東京の家で使っていたやつに酷似しています。

2016_09_02 (5)
三種の神器(奥に冷蔵庫が・・後ろ向きです)
美智子さまのご成婚パレードはこういうテレビで見ていました。←自分は記憶がないくらい幼かったけど証拠写真に依る。
この洗濯機で絞った洗濯物は滴が垂れなかったのでおばあさんは「もう着られる」といったとか(笑)

お手玉やカルタなど実際触って遊べるコーナーもあり、折り紙で手裏剣を作ってきました。←会場に置いてきました

その東京の家があったところの近所にある「昭和のくらし博物館」のビデオも流れていてこれまた懐かしかったです
(南久が原より調布嶺町と言ってくれたほうがピンとくる世代でございます)

このページのトップヘ